代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

代取マザー、時々おとめ

大学卒業後、ある大手企業に就職し海外にも行かせてもらったにも関わらず、今から考えるとただの青春の血迷い事で、小さなコンサルティング会社に転職。

その後、30代後半で嫁にもらって(拾って?)くれる人に邂逅、うまいこと娘一人に恵まれました。やれやれ。

子育てしつつ勤務を続ける中、創業社長が「俺は会長と呼ばれたい」と駄々をこね、「また、このおっさんは何を?!」と思うものの、このおっさん(奇才)と出会ってしまったのも、これ一つのご縁。というか運命と観念。

運命を甘受して、代表取締役になったワーキングマザーの日々と哲学です。今のところの三大テーマは、

1.ワーキングマザーのワークライフバランス

2.知的財産や地域活性化等の固めのテーマ

3.時々、宝塚歌劇団(というか、ここがメインになったらどうしよう)

になりそうです。

新米なので、どうぞよろしくお願いします。