代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

【宝塚歌劇団】小学生女子の「王家に捧ぐ歌」感想のばっさりぶり

帰宅後、作文の宿題で本日の「王家に捧ぐ歌」を取り上げる娘。小学校高学年である。

最後にラダメスとアイーダが二人で死に行くのが最もお気に召さないらしい。「生きろ」と、「生き延びろ」とおっしゃる・・。

まぁ、確かに絶望の中、ともに祈り、そして死ぬことだけが残された希望。そんなことを理解できる小学生もちょっと心配ではある。

 

本人の同意を得て、以下に引用したい。(なお、この前に原稿用紙1.5枚分、演出上の課題について、「すみれ色の脳細胞」で考えたという本人なりの指摘と改善点が書き連ねられている)

 

(miyakogu娘 著作)

アイーダの台詞。

「ラダメス!!」

ラダメス、

「なぜここに・・・」

アイーダ、

「地下ろうが閉められる前に忍び込んだの。」

 

ちょっと待ったぁ!!地下ろうにしのんでこれたなら、そこから糸かなにかを落としながら来てよ!!そしたら糸をたぐって逃げられるだろう!おいおい!!

かなりまぬけな王女のお話だった。おわり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

一刀両断、ばっさりである。

そして、そこに追い討ちをかける父親。

「地下牢の警備がなってない」

そして、私。

「いや、暗殺の場面の警備も手ぬるい」

 

木村先生、うちの家族が本当にすいません、すいません。

真風さんの主演作も書いてくださって、誠にありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。