代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

昨夏のショウの追憶 星組・パッショネイト宝塚!における柚希さんとのハイタッチ

星逢一夜で泣き過ぎて、雪組さんのショウの思い出がほとんど飛んでしまっております・・。

ちぎちゃんが元気一杯に出てこられると、「は、晴興様・・!あんた、えらい元気そうになりはって・・(涙)。新しい環境が水に合いはったんやね、良かったなぁ・・。はっ、もしかして、移転先で新たな出会い・・?!」となってしまうお芝居の余韻。休憩30分をはさんでも無理でした。

次回観劇時こそ、ショウをちゃんと観たいと堅く決意するmiyakoguです。レーサーのシーンと、透水さらささんの足の長ーーいセクシーダルマ姿は覚えているのですが・・。

そこでショウ「ラ エスメラルダ」の記憶を思い出すのは次回観劇時まで諦め、現在、我が家ではパッショネイト宝塚!のDVDを上映中。「Exciter!!」「Crystal Takarazuka」と並んで私の好きなショウです。

 

1.ゴージャスなショウスターがあふれる星組さん

ゴージャスな前トップコンビの柚希礼音さん、夢咲ねねさん、コミカルなシーンを上手にお見せになる紅ゆずるさん、スーパーノヴァがセクシーな真風涼帆さん、ピンクのイルカのトッキーの十輝いりすさん、歌いまくり踊りまくる礼真琴さん・・。ダルマで長い足を見せる鶴美舞夕さん、十碧れいやさん、麻央侑希さん、セクシーな声を響かせる音花ゆりさん。そしてもちろん、カポイエラの場面での迫力あるダンス。随所でかわいい天寿さん、ワニの場面の表情が楽しい壱城さん。

いやはや、前トップ柚希さん率いる星組さんはショウスターが目白押し。ショウはいつも本当にゴージャスで見飽きませんでした。柚希さんはもう当然のこと、ねねちゃんの「アイヤーー」みたいな掛け声も素敵です。

今、DVDのフィナーレでは、柚希さんが「アーーイ」とため息混じりに発され、皆がセクシーを競うかのように踊りまくっています!「おるらららーー」だの、「アイヤイヤイヤー」だの声をかけながら銀橋に。観客席に流し目炸裂中です。

身体をゆらめかせるように歩く真風さん率いるスーパーノヴァ5人組もセクシーで、中でもDVDで気づいた天華えまさん・・。表情や腰の動かし方全般が、セクシー(=エロい)です。

星組さんのショウは、それだけで楽しみで音楽も夏らしく素敵でした。ドコドン!

トップコンビのお二人、音花さん、鶴美さんが退団され、真風さんが組替えされましたが、今度は芸達者な北翔さんが率いる新生・星組、七海さんの演技も加わり、どのような化学反応が起こるのか、その中で新たにどのような方々が躍進されるか、とても楽しみにしております。私の周囲の理系おじ様にも人気の北翔さんです。

 

2.柚希さんハイタッチの追憶

真風さんの出演される演目のみは、いかなる手段を使っても一度は前方席を確保する私。昨夏も前方センターブロック、やや上手で観劇しておりました。1階席はるか後方には、ついでにチケットを取ってあげた娘・・。

実は私の通路側のお隣さんの席は、いかなる事情なのか空席だったのです。まぁ、もったいないこと。しかし、これが後にmiyakoguに幸運をもたらします。

柚希さんが前方で少しだけ客席に降りられ、前方何列目かまでセンターブロックの両脇の通路に来られる場面。miyakoguもお隣の空席に移動すれば、ひょっとして手が届くかも?!こうしてはいられません。 

私の後ろでご観劇になっておられた方、大変申し訳ございません。

あの時、身をかがめつつも右隣の空席に移動し柚希さんに手を伸ばし、柚希様のハイタッチを頂戴したのはmiyakoguです。

柚希さんの手は少しひんやりして、手も黒塗りだったこともあり、思いのほかほっそりとしていて筋がきれいに見えました。予想以上にほっそりと、ひんやりとした美しい手だったのが印象に残っています。

そして、それを後ろからオペグラでばっちり目撃した娘・・。

「あーーー!、もう! 皆さん、うちの母が本当にすいません、すいません」と心の中で謝っていたそうです・・。いえ、ほんとにすいませんでしたぁ!!!

そんな夏の追憶です。うーん、星逢一夜の美しい追憶とはいつも、ちょっと違うmiyakoguの夏の追憶です・・。