代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

ふぅむ、宝塚歌劇ファンは世界中のどこに? Who are you?

皆様、こんにちは。娘が「日曜日は勉強するから、一緒にリビングで」というので、自宅待機のmiyakoguです。でもね、さっきまで娘はお昼寝・・。お昼寝を見守っておけってことでしょうか?? まぁ、必要とされる内が花ですか・・。

と書いていたら、起きてきて雪組さん「ラ・エスメラルダ」の上映を開始。おまけに、明日、お弁当が必要であることを蓮城まことさんの「ボニータ!」のメロディに乗せてきざりながら、言ってきました・・。そうかぁ、蓮城さんなら仕方ないなぁとごまかされ中です(^-^)。

 

さて、6月7日に開設したこのブログ。6/7のアクセス数は11。←ほぅっ。

その後、宝塚ファンの皆様のおかげで順調にアクセスが増え、10月には開設以来の累計20万pv(アクセス)を越えるようになってきました。お読みいただき、どうもありがとうございます\(^▽^)/。(新米ブログですから月間とかじゃなく、あくまで累計です)

 

非常に興味深いのが、地域別のアクセスです。これはおそらくネットワーク上のアクセスポイントの位置で示されるため、都市別になるのですが、国別に集計しなおしてみると、日本が最も多いのは当然ながら、42カ国に及んでいます。米国、ヨーロッパ、アジアの各国。ヨーロッパは東欧からも多く、中には中東や南米からもわずかながらあります。通なところではモンゴル、ミャンマー、クロアチア、フィンランド、トルコ、エジプト。

皆様、お仕事で駐在?、出張?、旅行?、駐在の方のご家族?、国際結婚?、留学?、それとも現地の方でしょうか?

宝塚ファンのアクティブさに実に驚かされます。と同時に、日本女子の皆様が異国でそれぞれにがんばっているのだなぁ、もし現地の方だとすると異国から見てくださっているのだなぁと胸熱です。おそらくは、何カ国かを旅行された方や駐在先から周辺国に頻繁に出張されるような方が、それぞれの国でアクセスしてくださった結果、国の数が増えているとは思うのですが・・。

一つ前の記事でちーこさんにコメントを頂戴したように、物理的に距離的に、舞台での生での観劇が時々しか難しい方もおられるだろうなぁと推察。大阪在住はその点は極めて恵まれていますね。宝塚大劇場の方がチケットも取りやすく、バウも梅芸も観劇できる。ありがたいことだす。ずずず(T_T)。

私の萌えがただ単に炸裂している暑苦しい宝塚歌劇の舞台感想が、共感をいただく以上に、具体的にどなたかのお役に立つなんて思いもよりませんでした。遠くにお住まいでなかなかご観劇が難しい方には少しはお役に立つのかな?(^-^)。励みにさせていただきます。

 

というわけで11月は、

・宝塚大劇場 月組「舞音/GOLDEN JAZZ」
・バウホール 雪組「銀二貫」
・梅田芸術劇場 柚希礼音さんご出演の「プリンス・オブ・ブロードウェイ」

の感想をそれぞれ、お送りしてまいりたいと存じます!

ベトナムはハノイもホーチミンも何度か訪れており、あのねっとりと肌にまつわりつくような湿度の高い空気がもたらす独特の官能。「舞音」はどのような作品となるのか、とても楽しみにしています。