代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

雪組・バウ「銀二貫」琥珀寒の劇場での召し上がり方 → 子育世代の女性有業率話へ

皆様、三連休最後の勤労感謝の日、いかがお過ごしですか?

miyakoguは勤労を終え、メモを作成中@梅田です。娘と私の代わりに観劇してくれているお友達はただいま、梅芸にて雪組・全国ツアーを観劇中。ほんまに残念ですが、いたし方ありません・・。

 

さて、このブログに「琥珀寒 宝塚」という検索ワードでたどり着いていただいている方がおられることに気づきました。私の「観劇感想1」のために誤解を招くといけないので、念のため、お知らせ申し上げます。

 

雪組さんのバウホール公演にちなんだ「琥珀寒」、宝塚歌劇団HPによりますと、以下の3つの方法で召し上がっていただくことが可能です。

1.和食くすのきにて「琥珀寒と昆布茶のセット」400円

2.和食くすのきにて「幕の内 すみれ」のデザートとして お弁当は1800円

3.ラ・ロンドにて「バウランチ」のデザートとして ランチは1100円

ですので、miyakoguが「銀二貫」の観劇感想その1で「はぁっ?」となったのは1の昆布茶セットが当然、幕間にラ・ロンドさんにて食べられるだろうと思ったからなのです。ラ・ロンドでもランチのデザートとしてなら、召し上がっていただくのは可能ですので、お時間がある方はよろしければぜひどうぞ(^-^)。 ←その後いただいた情報では、コメント欄にありますとおり、ラ・ロンドでも昆布茶セットを出してくださっているようです。良かった、良かった。

宝塚歌劇団様のHPより 

kageki.hankyu.co.jp

 

ただ、バウホールからすっといけるラ・ロンドさんにて、できれば幕間に昆布茶セットもお出しいただけるとありがたかったかなぁ・・。はい。

(↑私達のようなお客さんが相次いだんでしょうね、上記に書いたとおり、昆布茶セットもお出しいただいているようです!)

お仕事や家事、育児、介護の合間を縫ってご観劇の方も多いと思うのです。そうなると幕間のみが比較的ゆっくりできる時間でございまして・・

ご存知の方もおられると思いますが、総務省調査による「25~44歳の育児をしている女性の都道府県別有業率」(平成24年)では、兵庫県が神奈川県に次いで全国の低い順から2番目の43.2%、大阪府で全国から5番目に低い46.7%であります。

関西は伝統的に専業主婦率が高く(家業のおかみさんという方もおられるためではないかと思うのですが)、宝塚大劇場は確かに時間に余裕のあるマダーームも多いとは存じます。しかし、昨今では皆様、それぞれにお忙しい事情がおありになるのも事実。

勤労感謝の日を前に、タイムリーに総務省統計局が関連統計の解説を出していてくれはりますので、詳しくはこちらを。(表4、図4をご覧下さい)

統計局ホームページ/統計トピックスNo.74 女性・高齢者の就業状況 −「勤労感謝の日」にちなんで−

 

そして、たった今、miyakoguは気がつきました!

ちょっと待ったぁあーーー。この総務省統計はいわゆる(裏を返すと、すなわち100%から有業率を引くと)子育て世代の女性の専業主婦率」として使われることが多い数字です。

「25~44歳の育児をしている女性」miyakoguはそこに含まれてないってかっ?!まだ子育て中ですがな、現に今、小学高学年娘を梅田で待ってますのよ??全ツを観ていますのよ? ←根に持っている。

おおーーーい、総務省様、女性の晩婚化が進む今日、44歳までを子育て世代としては、あれですよ?40歳でお子さんをご出産された場合、お子さんはまだ4歳。現実から徐々に統計での設定範囲が逸脱していっているような気がいたします。

ふぅむ・・。琥珀寒の宝塚大劇場での召し上がり方について、誤解を招いていけないと書き始めたこの記事でしたが、かなり遠いところまで、今来ております。ま、いいか!いつものことやし!!