代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

年末年始と宝塚歌劇、そして雪組・ご退団の皆様への思い

皆様、こんにちは。さて、いよいよ年末ですね。お元気ですか?

金曜午後、仕事の集中が遂に切れるほどお疲れ気味だったmiyakogu、昨日は24時間のうち、ほぼ15時間寝まくり元気を回復いたしました(^^)。やっぱり睡眠ですねぇーー。こういう時、運動は身体に悪いのではないかと疑っているmiyakoguです。

その間、せっせと一人、大掃除に励む旦那はん。クリスマスには鳥の香草焼きもつくってくれました。いやあ、偉い方ですなぁ。あっはっは。大きな熊のような旦那はん、我が家では「熊神様、ははぁ~~」と奉られております。男性陣は適当に奉っておくと、いいことありますねぇ(^^)。

 

1.観たかったメラコリ、でももうすぐシェークスピア!

そして、気がつけばもうすぐ宙組「シェークスピア」の初日。早いものです。た・の・し・み・す・ぎ・る!!元旦と2日に観劇予定ですのでまた感想をお届けしたいと存じます。

さて、宙組さんといえば「メランコリック・ジゴロ」のDVDをこのクリスマスやお正月に観たかったという方々が周囲に結構おられます。文句なくハッピーな作品で、優しく暖かくちゃらいまぁ様、ぷんすか怒ったりしょうもない詐欺を思いついたりするけどどこか間の抜けた雰囲気の真風さん、健気で天然のみりおんさんの奇跡の楽しい演目です。このシーズンにぴったりの笑ってほっこりの作品。そして素晴らしいショウ。

観たかったっす!!!(T-T)。年末年始の女子会にぴったりであろうこの作品、TCA様、販売戦略を間違っておられるかと存じますよ・・。

私はフェリシアがまぁ様のダニエルに抱きついた後に流れる音楽がとても好きなんです。「ちゃっちゃっちゃら」という感じのとても素敵な軽やかな音楽。3月まで泣く泣くお待ちしておきます(T-T)。

 

2.吹雪の娘のお正月野望

さて、年始と言えば今年のお正月のことです。私と娘は毎年元旦に、関西の地方部のmiyakogu実家から旦那はん実家に大移動してきました。

大晦日の夜8時頃のことです。明日から始まる雪組さんの「ルパン3世」をどうしても観たかった小学高学年娘。私のスマホで某チケットお譲りサイト(定価以下のね)をずっと検索していたのです。紅白歌合戦を見ながら。

そして、夜8時過ぎについ3分ほど前に出された「ルパン3世」のチケット1枚を発見。ほぅ。ものすごい執念です。

娘の贔屓組ですから1枚のみですが、いたし方ありません。元旦の宝塚の雰囲気を味わってみたかった私と利害も一致しています。祖母には呆れられながらも決行です!

しかし、旦那はんには内緒にしておきませんとね。うんうん。

というわけで、私達は「午後出発するので、夕方には着きます」とのメールを出し、早朝から一路、宝塚に向かったわけです。皆様、覚えておられると思いますが、今年のお正月は結構な雪で、宝塚も吹雪でした。

無事に宝塚大劇場に到着。キャトルから鏡開きも垣間見え、テンションのあがるmiyakogu&娘。チケットも無事にお譲りいただいた方のお友達から受け取ることができました。「主婦ですとやはりお正月は家を空けられない」との理由でご観劇できなかった方からです。いやぁ、私もまぁ、主婦ちゃぁ、主婦なんですけどね!d(≧▽゚)。

さて、娘は観劇です。しかしチケットは1枚のみ。しかたありません。持ってきたノートパソコンで早速お仕事です。外は吹雪、華やかなお正月の宝塚大劇場でパソコンでお仕事をしているのはmiyakoguくらいですね。いやはや・・。

問題はこの直後に発生しました。スマホにメールがぴろろーん。旦那はんからです。駅へのお迎えの時間のことでしょうね。

「君たちは何をしているのかなぁーーー?!」

あり??あれれ??

そうなのです。娘が携帯電話の電源を切ったとき、GPSで居場所が通知されてたんですねぇ、保護者携帯2台に・・。旦那はんが「あれ、何だろう?」と思って確認してみると、ばっちり「宝塚大劇場」に娘の痕跡が・・・。いやぁ、完璧な作戦やったのになぁ!!miyakogu&娘、敗れたり・・(^^)。

 

3.雪組・ご退団者への思い

雪組さんの大湖せしるさん、蓮城まことさん、央雅光希さん、妃桜ほのりさん、璃央じゅんさんの皆様がご退団を発表されましたね・・。

娘の大ショックはせしるさんでした。とてもよく覚えているのは100周年東宝の幕開けを飾った「CONGRATULATIONS 宝塚!!」でのロケットです。娘役さんばかりのとてもかわいい素敵なロケット。その先頭を切りセンターで踊るせしるさん。とても素敵でした。

映像で繰り返しみても、男役ご出身らしい目力と目線の配り方、足の出し方、手の動き、肩のちょっとした動き、すべてが他の方より際立っているのは明らかだったと思います。

とてもとても美しい方。退団のご発表をお聞きして残念に思うと同時に、外部でご活躍されるだろうと期待する反面、良家に嫁ぎ素敵なマダーームになっていただきたい気持ちもあります。とても美しいマダーーームになられると思うのです。ぜひ日本のためにも!←話がかなり飛躍していますよ、miyakoguさん。

そして、私が驚いたのは蓮城まことさんです。「タカラヅカスペシャル2015」の中継で目を惹きつけられた輝きを放っておられたお一人でした。「宝塚ポスターカレンダー」にお入りになったため、鳳翔大さんとともに雪組を支える方になっていかれるのだと期待していたのです。

蓮城さんが雪組のショウで「ボニータ!」「アムール!」「僕は甘えん坊」だのと指差しウィンクを決めたり銀橋で投げキスを繰り出すたびに、「ボニータじゃねぇ!!」と喜びのあまり切れそうになるmiyakogu雪組さんのショウに艶やかな彩を添える貴重なスターさんだったと思います。齋藤先生も「フェロモンスター」と、絶賛されていましたよね。

蓮城さんを初めて認識したのは、梅田芸術劇場での「若き日の唄は忘れじ」のことです。娘が出待ちを見てみたいというので、ずっとつきあって待っていたところ、たまたま私が立っていたところが蓮城さんのファンクラブの皆様の後ろでした。

やってきたとても足の長いジェンヌさん。初めてみるジェンヌさんの素顔です。話し始める城さん。そして驚くmiyakogu。あれ、ちょっとイメージ違うかな?

のんびり、ゆったりとしたややとぼけたお話しのされ方。そして、楽しそうに笑うとても幸せそうなファンの皆様。かなりの間、お話をされていてとってもお優しそうなジェンヌさんなんだなぁと記憶に残りました。

央雅光希さんは「星逢一夜」での武士姿がとても印象的な方でした。武士姿がこれほど凛々しく美しく似合う方も珍しいのではないでしょうか。

妃桜ほのりさんは身近にファンの方がおられたため、とても可愛い方と伺っていました。璃央じゅんさんはパンフレットで拝見して印象には残っていた方、99期生さんなんですね、まだ。

皆様、新しい人生はいろいろ。タカラジェンヌ出身ということが良い方向に働きますように。そして、どうぞ「るろうに剣心」千秋楽までお怪我などなく、無事に走り抜けられますように!