読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

シェイクスピアつながりで 兵庫県立文化劇場 佐渡裕さんプロデュースオペラ「夏の夜の夢」7月に上演!

皆様、こんにちは。スカステをつけたら月組さんの「Puck」を放映中

それで思い出したのですが、昨日、届いた郵便物の中に、佐渡裕さんプロデュースオペラ最新作の速報NEWSが入っていたのです。

 

※7/30に観劇いたしました。感想はこちらです。

mothercoenote.hatenablog.com

 

 

シェイクスピア没後400年ということでやはりシェイクスピアなのでしょうか、今年は「夏の夜の夢」を上演されます!

「夏の夜の夢」について、公式サイトに情報はまだアップされていませんが、2016年2月にチケットを発売開始とのこと(会員向け先行販売からだと思います)。

ちなみに、同じくシェイクスピア原作「マクベス」を野村萬斎さんが構成・演出される公演も6月28日、29日に兵庫県立芸術文化センターにて公演予定です。

http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/html/01_shousai/4282412316_0000000001.html

 

この佐渡裕さんプロデュースのオペラが、一番いいA席で12,000円、一番お得なE席では3,000円とオペラとしては大変リーズナブルなのです。

毎年このシリーズを楽しみにされている固定ファンがおられ、チケットはお得な席からばんばん売れてしまうようです。ご関心のある方はぜひ情報のウォッチを!

チラシによりますと、ロンドンで出演者のオーディションを実施、演出家はイギリスのアントニー・マクドナルド氏。衣装はローマの工房とのこと。衣装だけでも楽しみですね。

「イギリスの霧の立ち込める夜の森をイメージした舞台装置」「エリザベス調と和の要素をミックスした妖精達の衣装」とのこと。これはぜひ観劇せねば。オペラファンの旦那はんにチケットを取ってもらいましょう!(いつも宝塚歌劇のチケットは私が払っていますからね)

 

さて、公式サイトで以下の演奏会の情報は出ています。先行して演奏会をされるようですね。

■■芸術文化センター管弦楽団 特別演奏会■■

2016年4月9日 メンデルスゾーン 劇音楽「夏の夜の夢」

http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/html/01_shousai/4280311304_0000000002.html

 

宝塚歌劇ファンの皆様、よろしければ、オペラ「夏の夜の夢」もどうぞご観劇ください(^^)。

そしてオペラファン、シェイクスピアファンの皆様、よろしければ宝塚大劇場にてただいま上演中の宙組公演「シェイクスピア」をどうぞご観劇ください。トップスター・朝夏まなとさんがウィリアム・シェイクスピアを好演されています。劇中劇で、シェイクスピアの作品も出てまいりますので、よろしければどうぞ!楽しい劇作品と美しいショウです。

私のお知り合いのインテリ・理系おじ様達(企業の方や大学の先生方等、オペラ、能楽、文楽のファンもおられます)も、「いや、僕は宝塚には興味ないわ」と頑なだったのに、おつきあいでいったんご覧になると、結構、お楽しみになられ、作品水準が思ったより高いこと、さらに若く美しい女性達の一生懸命さ、迫力にとても感心されるのです。もちろん、歌のレベルはオペラほどではございませんが、現在上演中の宙組さんのトップスターお二人は聞かせるコンビです。

ぜひ一度、劇場にお越しくださいね! ←miyakoguは回し者ではなく、自分でも謎の情熱で公演感想を書き殴っているただの一ファンですのでご安心を(^^)。

 

宙組「シェイクスピア」の作品紹介はこちらをどうぞ(^^)

kageki.hankyu.co.jp

 

劇場にて、お待ちしております(^^)。