読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

宙組ファン仕上がり! 夢に出てきたジェンヌさんは全員宙組さんでした(^^)

宝塚宙組 真風涼帆さん 朝夏まなとさん

皆様、関西は雨。土曜日夕方、いかがお過ごしですか?私は明日、心地良く観劇するために、ただいまお仕事まっしぐらです。いやはや・・。

 

さて、miyakoguは初めて宝塚歌劇を観劇したのが雪組さん。次に観劇したのが星組さんで、真風涼帆さんの「ロミオとジュリエット」(大劇場)の「死」のダンスにより、まっさかさまに宝塚ファンとなったわけです。

娘がファンの雪組、私がファンの星組を中心に観劇してきたのですが、真風さんの宙組さんへの組替えにより、宙組さんを観劇するようになりました(^^)。

 

そうすると、朝夏様がずーんと明るいトップとして君臨されていてちゃら素敵でかっこいい、みりおんさんは歌上手でかわいい、松風さん・りんきらさんはお芝居上手、澄輝さやとさんは上品美しい、愛月さんはおもしろかっこいい、蒼羽りくさんはダンス上手のええ弟、風馬翔さんはダンスがきれきれでとびっきりの笑顔、桜木みなとさんは素敵かわいい、和希そらさんは元気一杯の歌上手・ダンス上手、娘役ちゃんは可愛い上に華やかな方が多いと、あららら?この組どうなってるのん??なぜ、今まで気がついてなかったの??となったわけです。

↑ ただ単に観る機会を何となく逸していたんですね、初心者だから。各組1回は観ていたのですが。

 

中でも正直一番驚いたのが、朝夏まなとさんの歌と声でした。

花組さん時代の映像を何本か観ただけのイメージで大変申し訳なかったのですが、低い声だとやや濁ったような声になってしまわれる方かなと思っていたのです。

それだけに、「王家に捧ぐ歌」で聞かせてくださった劇場一杯に伸びる声声の大きさを自在にコントロールしながら感情を乗せてこられる歌唱、自分自身を出すのを躊躇しないような感情を振り切った演技には本当に驚きました。歌唱・演技・長身・容姿・スターオーラ、とても充実されているトップさんではないかと思います。

ご自身も雑誌「anan」のインタビューで語っておられたと思いますが、声が小さくとも届くということを最近理解されたということ、歌に苦手意識がお持ちであったがそれを努力されたことを知り、なるほど!!と膝を打った次第です。

後ね、うちの辛口・旦那はんも各組1回は観劇しているのですが、宙組さんについてはいつも「この組は端っこの人も全員が一生懸命やっているのが伝わってくる」と言うのです。嬉しくなりますね!(^^)

 

さて、私はこれまで夢で見たことがあるジェンヌさんは真風さんただお一人でした。いつも、舞台におられるのを近くで拝見している夢です。黒スーツで螺旋階段に座っておられたり、なぜか屋外劇場で和服で殺陣をされていたり。そのたびにきゃーーー(〃∇〃)となるmiyakogu(^^)。

 

と・こ・ろ・が・・。

先日ついにまぁ様にご降臨いただき、昨日はついに桜木みなとさんに出てきていただきましたよ・・。

まぁ様は、ファンの集いで色紙に絵を描いて、めっちゃ爆笑されているという夢です。確か、まぁ様は絵は・・(^^)。

桜木みなとさんはバウホールか新人公演の主演で、相手役がなぜか私(本当に厚かましくてすいません!)。こんな年上で相手役していいんかな?と考えながら練習をしているのですが、非常に顔が近いので「あかんわ、まじで恋しそうになるわ、ジェンヌさんは日々、こんなんようやってはるわ」と妙に納得しているという、大変失礼かつあほな夢でした。いやはや、ほんとにすいません!潜在意識では桜木みなとさんのファンになりつつあるのでしょうか・・?

 

というわけで、はい、宙組ファンとして無事に仕上がったようです。

ほい、一丁あがり!!のmiyakoguでした。あほな夢をみて、すいません(^^)。