代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

雪組・るろうに剣心 新人公演感想 雪組、ばんざい・・! 驚きの「ええ声」公演でした

皆様、こんばんは。宝塚大劇場で上演されました雪組「るろうに剣心」新人公演帰りのmiyakogu&小学高学年娘です。本公演感想とも一部比較しながら、お届けします。

「新人公演」を含まない検索ワードでお越しいただきました皆様へ
(宝塚ファンの方はよくご存知のことですが)宝塚歌劇団では入団7年目までの生徒さんのみで、宝塚大劇場と東京宝塚劇場各1回ずつ、本公演とほぼ同じあるいは一部短縮した内容で公演される「新人公演」なるものがあるのです。その感想を以下に書いております。

新人公演ではない宝塚歌劇団 雪組「るろうに剣心」(本公演)の感想1及び感想2は、よろしければこちらをどうぞご覧下さい(^^)
mothercoenote.hatenablog.com

mothercoenote.hatenablog.com


驚き、衝撃の新人公演でした!
一番驚かされたのが、最初の方こそ緊張されていましたものの、主要キャストの皆様が全員、ええ声だったということです。予想を越えて素晴らしかったのです。

1時間50分を見事に演じきった雪組下級生さんに大きな拍手をお送りしたいと思います(^^)d。人数少なくても、客席降りはちゃんとされました。下手ドアに縣千さん演じる蒼紫は消えていきましたよ!

・永久輝せあさんの剣心
ほんとに綺麗に通る素敵な声ですね。本公演では剣心の影で見事な殺陣を見せておられますが、殺陣はそのままに、優しくて落ち着いた剣心。おろっも可愛いのです。
歌えるのは大きな強みです!(^^) 永久輝さんは華のあるとても素敵な歌声で、コンパクトに演出がまとめられていたのもあったせいか、または私達が何回目かで話を把握しているからか、「るろうに剣心、ええ話やん?」と思わせるものがありました。剣心の過去への切ない思いが伝わってくる歌唱、うるっと来ました。観客席に感情が届くという意味では、やはりこの新人公演で随一のものがおありだと感じました。
ただ、星逢一夜新人公演で月城かなとさんの演技を拝見している時にも思ったのですが、ちぎさんの軽やかな暖かみのある透明感には独特の魅力があり、こういったものを出すのは相当難しいことと改めて思いました。早霧せいなさん、さすがトップスターさんです。

・諏訪さきさんのジェラール山下
正直びっくりしました。美形で立ち姿に品がある方だと注目していましたが、これほど落ち着いたセリフ、伸びる美声とは思っていなかったのです。美しい声です。
フロックコートの衣装がとてもお似合い、ソファに座って額を押さえる姿が美しく、どこの国の貴公子?と思わせる白皙の美青年でした。セリフの美しい低い声。素晴らしかったです。「アン・ドゥ・トロワ」の最後の発音が素敵でした(^^)
もちろん、本役の望海風斗さんに比べてしまうと、色気、野望、悪どさは弱いのです。だいもんさんが明治をひっくり返すくらいの野望を感じさせるとしたら、諏訪さきさんのジェラール山下は革命の夢を語る美しき青年だったとは思います。
諏訪さんはもしかしたら、和ものよりも洋ものの方がお似合いかもしれませんね。ドイツのギムナジウムを舞台とするようなクラシカルなロマン主義の雰囲気をお持ちのように思います。永久輝さんとの二人での場面では、「これってバウ公演?!」と思わせるような絵になる風情とセリフ、驚きました。

・彩みちるさんの薫
星逢一夜の時とは全く違うタイプのお役を、自分のものとして演じておられました。強く勝気な中に垣間見える可愛らしさ。みゆちゃんを踏襲した星逢の時とは少し違い、彼女なりのアプローチをされていたのではなかったでしょうか?
ただ、やっぱりみゆちゃんって本当に上手いんだなぁと再認識。何なんでしょうね?ちょっとした間、他の人が普通に話すところをもうワンテンポ待てるというか、アニメのような少女のヒロイン力というか、見事な本役さんと比べてしまって申し訳ないです。彩さんの新人公演も特に、最後のジェラール山下との歌での対決で、剣心を鼓舞する場面の歌唱は素晴らしいものでした。

・橘幸さんの観柳
場面をかっさらっていった文句なしのMVPでしょう。「がーとがとがとがと」、素晴らしかったです。手の何気ない動きも含めて、すべてを考えつくして演じられた上での笑いをぶっ放しておられました。もちろん、お役としてはふっきれさえしたら、演じやすい役かもしれませんが、素晴らしかったです。袖にひっこむだけで拍手が取れるって、素敵ですね。長としてのご挨拶も非常にご立派でした。
彩凪翔さん演じる本役さんの貧乏人からのしあがってきましたよ!何か?という嫌らしさにはさすがに少し及ばずですが、かなり迫っておられました。ええ声でした。

・陽向春輝さんの斎藤
この方もええ声!低いよく通る素敵な声です。今回の雪組さんの新人公演は素敵な声、歌唱に驚かされましたが、正直、星逢一夜新人公演でへたれなちょび康を演じておられた陽向さんが、これほど低い声をきめてくる方とは予想外でした。
ただ、本役さんの彩風咲奈さんがあまりにスタイルが良過ぎて、咲奈さんと比べてしまうと、もう、可愛くっていとおしくって。観ている側もつい笑顔で応援してしまう、そういう素敵な方ですね。でも、可愛いと言ったら失礼ですね。とても素敵な声、男気のある鋭い眼差し、お上手でした。

・真地佑果さんの左之助
歌舞伎を見事にやりきって拍手です。長めの場を一人で埋め、次は永久輝さんと二人で埋め、お見事でした。橘さんもですが、さすが長の学年の方です。間の取り方、場面の持たせ方がお上手です。私は「るろうに剣心」の中で左之助さんの役柄が実は結構好きなのです。弱い者いじめが大嫌いで、力持ちで、女子や子どもに優しく、皆の間をつなぐような存在。真地さんもそういう暖かなお人柄なのかな?と思わせるものがにじみ出ているかのようで、明るい素敵な笑顔でした。
ただ、「銀二貫」で見せてくださった店を去る若い手代のような切なげな演技もおできになる方だと思うので、また違う役柄もぜひ拝見したいなと思わせる男役さんです。

・縣千さんの蒼紫
来ましたよ、来ましたよ。イケメンアイドル、「ONIWABAN☆SHU」のお頭が!!どこのアイドル?!鼻、たっか!!斜めの前髪、素敵!!横顔綺麗!!
これは大変なことですよね、最下級生さん。何なんでしょうね、あの目力と存在感、男らしさ・・・。オペグラもあがる、あがる、あがる。
ただね、素直に最強を争うアイドルのようで、新人公演としてはもちろん十分なのですが、御庭番衆が持つやるせなさはなかなかやっぱり。本役さんである月城かなとさんの陰の色気にはかないません。お二人とも素敵なのですが、さすがの月城さんです。
それにしても本当に101期生さんなんですよね??そう考えると、驚きの演技にセリフの声でした。今後が本当に楽しみな縣さんです。皆様も大注目だと思います。

・有沙瞳さんの恵
黒髪がとてもお似合いでした。せしるさんと比べると、まだ少女なのかな?という雰囲気が、プライドが高く正義感も強い恵とマッチして、有沙さんとしての恵になっていたように思います。さすが、新人公演・バウの主演経験者です。はっとさせるような目をひきつける存在感がおありになりました。

・星加梨杏さんのセバスチャン
「あそこに何かきらきらとした美形がおる!!」と思って、カーテンコールで注目をしたのが、星加さんでした。背が高くすらっとして、きらっとして目だっておられました。大げさなフランス語訛りの日本語でも笑いを取っておられましたね。
その他にも山県有朋を演じた真條まからさんの貫禄とええ声、井上馨を演じた叶ゆうりさんの工夫と隠し切れない美形ぶりと見所満載!
素晴らしい「ええ声」に満ちた新人公演、素晴らしかったです。もちろん足りない点を言い出したらいくつもあるでしょう。しかし、落ち着いたセリフとええ声がとても素晴らしかった新人公演でした。

ええとね、「るろうに剣心」ってええ話やね。もしかするとこれくらいの時間で、フィナーレ長めとか、あかんかなぁーーー?と思ったのは私だけだったかなぁ・・??でも初見のお客様も原作ファンもおられるし、やっぱり2幕で十分な時間が必要かな。ファンっていろいろ言って勝手で、本当にすいません。大人しく観ます!!

雪組下級生の皆さま、本当にお疲れ様でした!また、休演の方のために特別に御庭番衆でご出演された久城あすさん、動きがひときわ綺麗でさすがの貫禄です。ファンの方はまさか新人公演でもう一度、あすさんを観られるとはとてもお得でしたね。
おばちゃんな、まじで感心したで!

月城かなとさん、縣千さんそれぞれの蒼紫を観ての妄想記事はこちらです。よろしければ、どうぞ!あほな記事です(^^)。
mothercoenote.hatenablog.com