代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。朝夏まなとさんご卒業によるロス真っ只中。しばらくはtwitterにて(@miyakogu5)

宙組・メランコリックジゴロ DVD感想 全国への脚長自慢ツアーと思われます。おもしろかった愛月さん、和希そらさんウィンク!

皆さま、こんばんは。また暖かくなりましたね!

さて、今週は小学高学年娘の卒業式があり、ほっと一息、感無量のmiyakoguです。卒業式に出るため、お仕事も怒涛の勢いで進めてきたため、3月14日発売日に購入してすぐに観た宙組さん全国ツアー「メランコリック・ジゴロ/シトラスの風Ⅲ」の感想もようやく今日です。

卒業式では全員で声を揃えて言ってくれる言葉の中に「お父さん、お母さん、12年間、大切に育ててくれてありがとう」というフレーズがあり、うるっと来たmiyakoguです。人生への希望あるいは運は人それぞれですが、私自身は「お母さん」になれて本当にありがたかったです。ありがとう、娘よ・・(T-T)。

そして、その時に泣くのをこらえるために思い浮かべたのが「メランコリック・ジゴロ」の愛月ひかるさんの演技でした(^^)。

 

1.全国への脚長自慢ツアー

あのですね・・。これはね、多分というかきっと、宝塚歌劇団が仕込まれた全国への脚長自慢ツアーとしか、思えません!(^^)

「メランコリック・ジゴロ」のスーツ、タキシード姿の朝夏様と真風さんハッピーな音楽に楽しそうな宙組さんのコーラス。ショウで3人で踊る朝夏様、真風さん、愛月さん。

とどめが美しい黒燕尾。まぁ様、真風さん、澄輝さん、凛城さん、愛月さん、風馬さん、和希さん。全部好きな人だらけやん!!ほんまにええで、この黒燕尾は。

本公演はここに、桜木さん、蒼羽さん、春瀬さんも加わるんですよね・・。星吹さんはええ味出してるし、秋音さんは演技も踊りもうまいし、星月さんも潤奈すばるさんもイケメンやし、瑠風さんも可愛いし、実羚さんもええ間やし!娘役さんも綾瀬あきなさんのかっこいいマダムに、彩花さんの楽しい演技。宙組、好きすぎるやろ!!

楽しいわ、美しいわ、イケメンやわ、脚は長いわでどうなってんの、宙組さんは?!と叫びたくなるような公演でした。

メラコリ、ええわぁ。もうね、タキシードでジゴロやっている真風さん、「おまえはけだものか?」と身をよじる真風さん、「らいらい」歌っているまぁ様と真風さんを観るだけで大満足!!そこに「明日へのエナジー」があるのです。超お買い得!

正塚先生のお芝居はちょっと怒鳴りあうような場面があって、私自身はしっくりこない時もあるのですが、良く考えると「男」ってこういうもんなのかなぁと思ったり。ただ、同時に正塚先生のお芝居には必ず、心に残るフレーズがあり、そのセリフが珠玉のきらめきを放ちます

以前の感想にも書きましたが、みりおんさんが「一人っていやね」と言って始められるベンチの場面、そしてホテルにまぁ様とみりおんさんが閉じ込められている場面の会話が好きです。

ダニエルは「嫌な目にあったり、ついていなかったりしたやつは他人の気持ちがよくわかる。そういうやつは人に嫌なことはしない」という趣旨のセリフを言うのです。

そう聴くと、何かついてないことがあっても、決してそれは悪いことじゃないんだ、そういう気がしますね。

追伸:正直に告白しますが、「お前が好きだ!」の場面はそうですねぇ、15回くらい観ましたかね・・。

 

2.おもしろかった愛月さん

観劇時は「まぁまか」が好きすぎて、主にまぁ様と真風さんしか観ていないというのもあるのですが、実はDVDで観て一番おもしろかったが、愛月ひかるさんでした。

強がっているけれど、少し頭が回らない情けない用心棒みたいな役なのですが、かわいく、おもしろく。何というか、表情が自然なんですね。愛月さんが一生懸命演じているバロットではなく、こういう人いそう!と思わせる演技でした。

妻のルシルのお尻を乱入してきたおじさん達に触られた時の嘆きよう、すっしーさんとカティア(瀬音リサさん)の大人の再会に刺激を受けて、ルシルにキスを迫るけれど応じてもらえない情けない可愛らしさ、逮捕されてルシルに「出てきてもまた女房になってくれるか?」とすがり、ルシルに「ばか、私は死ぬまであんたの女房だから」と言われた時の安堵し感動した様子、おもしろ上手かったです。

これは、「エリザベス」のルキーニにも期待が高まってきましたよ(^^)。

 

3.ロケットでの和希そらさんのバチコンウィンク!

いやぁ、和希そらさんはいいですね!あの方、ロケットセンターできざる、きざる。でもちょっとセクシーな女性っぽさもあり、何と言ったらいいのか、コケティッシュなダイナマイト・ガールというか。腰や脚のちょっとした動きがセンスがいいのでしょうか。目が奪われます。

そして、最後に特大のバチコンウィンクがばっちり映っております。ええわぁ。

 

というわけで、「ええわぁ」「何なん、脚長い自慢なん?」「なんでこんなに長身美形?」とつぶやきまくったDVD感想を終わります。

 

4.買えなかった東京舞台写真

実はmiyakogu、DVDと一緒にね、東京の「シェイクスピア」舞台写真も買うぞ!と勢い込んでキャトルレーヴ梅田店に乗り込んだのですよ・・。しかし・・。

舞台写真の中に、ダーク・アイズの場面でまぁ様がまかちゃんにキスする直前の写真があったのです。まぁまかの二人ダンスの写真も、愛ずんのソファべたべた写真も、前回はしらっと、さくっとお買い上げしたアラフィフのmiyakoguですが、今回はどういうわけか・・。

買えませんでした!!たぶん、狼狽したんですね、まかちゃんがうっとりとまぁ様を見上げている表情を見て・・。

そしてそれを小学高学年娘(卒業)に告げたところ・・・。肩をがしっとつかんでこう言われましたよ。

「おぬしは、何をやっておるのじゃぁーーー!」

 ははぁっ、すいませんでした!上様、次こそ、買ってまいります。

でもね。お母さんが悪いんじゃなくて、まぁ様がいけないんだと思うの。あの方がまかちゃんに、あの表情をさせている張本人やねん。まぁ様のせいというか、まぁ様のおかげです。誠にありがとうございました!!次は思い切って買います!(^^)