代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。朝夏まなとさんご卒業によるロス真っ只中。しばらくはtwitterにて(@miyakogu5)

月組全ツ・福岡遠征はまさかの風邪で・・ 私にできることは自分の持ち場でがんばることだけなのね

皆さま、おはようございます。

大きな余震が相次ぎ、結局、それが本震の前震であったこと、その後も断層沿いに地震発生が東へ移動と、毎日驚くべきことが続いております。阪神淡路大震災級だったと聞いて、事の重大さを痛感する関西組です。

阪神淡路大震災の時、東京にいた友人や海外にいた友人から電話がかかってきました。いずれも同期だった男友達が心配してくたのですが、「お前さ、大阪にいて大丈夫なの?一刻も早く実家に避難した方がいいよ」という趣旨です。

心配はありがたいものでしたが、私は苦笑して「大阪は大丈夫なのよ」と返しておきました。当時、リュックでフェリーで神戸に移動し何かを手伝って、また大阪に戻ると、大阪が普通に動いていて物資もあり、何かくらくらとするような違和感を感じたものです。あまりに普通の世界過ぎて。もちろん、いくつか売り場からごっそり消えていたものはありましたが、神戸にどうぞ持っていってください、という気持ちが強くありました。

そういう状況でしたので、前後の地震の発生頻度が当時とは異なるとはいえ、福岡は通常どおり動いているだろうと予測できます。

前記事に、ちぃさんが福岡からコメントを下さったように、珠城りょうさんと月組の皆様が必死で、若干のトラブルも乗り越えて、上演されていること、とても胸を打たれました。応援に行きたい気持ちがさらに強くなります。

ただ、私の遠征には高ーーーーいハードルがあります。もちろん、中学生娘です(^^)。旦那はんは、まぁ聞き流すとして。

娘は同じく宝塚ファンですので観に行きたい私の気持ちは理解はしてくれていますが、それでも「お母さんが帰って来れなくなったら、心配で泣いちゃう(T-T)」とたいそうな困り顔で詰め寄ってくるのです・・(泣)。大きな余震が万一あったり、山陽新幹線が万一動かなくなったら娘が号泣となると、これはなかなか厳しいものがあります。おまけに来週早々には重要な会議があり、万一、帰ってこられなくなるとまずいのは事実です。

娘とお仕事。万一の場合のこの2点への影響をシミュレーションしつつ、それでもなお、遠征はぎりぎりまで検討するぜ!(かなり行く方向で、しれっと新幹線に乗って)と思っておりましたら・・。背中がぞくぞく、とっても寒気・・。

あれれれ?と思っていたら、喉が痛くなり、微熱も発生。まさかの風邪です。まじで?!(゚o゚)

最もお仕事が忙しかった1月から3月、一度も風邪をひかなかったのに。今週末、とても久しぶりに自宅でお仕事をしなくなった途端に風邪。おそらく、お弁当づくりによる睡眠不足が直接の原因かなと思いますが、気持ちの張りってすごいですねぇ。ただ、張り続けているといつしか気づかないまま、重大な疾病やストレスを抱え込まないとも限りません。こういう小さな風邪で調整してるんでしょう。

というわけで、本日、12時少し前までに新幹線に乗るか乗らないか熟考しようと思っていましたのに、まさかの風邪で福岡遠征を断念いたしました。この交通費を寄付すればいいのですし。

 

ただ、気持ちを切り替えるための”口実”を考えるのが得な私は、こう考えることにしました。

たとえ不安で大変な状況であっても、珠城りょうさんと全国ツアー月組の皆様は、自分達の”持ち場”である劇場で、自分達がやるべきことを必死で冷静に全うされている。不安も、万一の場合の想定もあるだろうけれど、その姿はプロフェッショナルです。

だとすれば、私は自分の持ち場で自分のお仕事を全うするしかない。

とても残念ながら千秋楽の観劇はかなわなかったけれど、珠城りょうさんの必死さは想像できる以上、自分の持ち場で自分のやるべきことに専念したいと思います。それもその場にいて拍手する以外に、私ができる舞台へのお返しではないかと思います。

自分のやるべきこととは何か?直近では、月曜日からのお弁当に備えたおかずづくりと、会社での防災グッズ配備と点検です。娘と会社を守る、私の持ち場はそこだと思い至りました。

まずは寝て、午後から煮物を煮たいと思います。今回は慎重に出汁パックと麦茶パックを間違えないようにっと。そこは重要ポイントですね。

結局ね、使命の中でやるべきことって、ものすごーーーく小さなことにブレイクダウンされるのだと思います。月組さん遠征断念に関する自分なりの考察の最後は、麦茶パックにたどりつきましたよ(^^)。

皆様も麦茶パックには、どうぞお気をつけて(^^)福岡でご観劇の皆様は、どうぞ心からお楽しみください。エンターテイメントの力は、こういう時ほど大きな力を持って、私達を励まし勇気づけ、癒してくれるものだと思います。

↑↑↑

と、くだくだと自分を説得するための理屈を考えてみました。

けど、ほんまにおばちゃんな、後もう一回だけ、りょうさんホセとアパショナード観たかったで!!!!!観劇後の記事のタイトルも、とっくに考えてあったんやで。

「ホセと珠城りょうさんに恋する3時間」ってな。ええ感じやろ?観る前からそうなるって予測ついててんよ。もうこうなったら、エア観劇で書く?千秋楽の感想。旦那はんは出かけたし娘は寝てるし、出かけるラスト・チャンスは今?!と考えるくらいには未練たらたらです(^^)

ふぅぅ。頼むから、DVD、はよ出して!!!どうぞよろしくお願いいたします。