読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

月組・NOBUNAGA(信長)/Forever LOVE!! 感想 もしかして今、ウィンクでした・・?と初見中学生達の柔軟感想

み・な・さ・ま~~!!

本日はね、くくくくく、ふーーほっほっほっほっほ!。PTAの用事が割と長くあり、これは会社に戻ってもなぁという時間でしたので、思い切って代休を取り、大変珍しく平日に観劇してまいりました。実は代休とかがどれくらいたまっているのか、最早わからないくらい忙しかったので、ちょっと休憩です(^^)。

期末試験が終わり、のんびりしている娘とお友達も急遽観劇となり、合計4名での観劇です。うち1名は全くの初宝塚、1名はNOBUNAGAは初見の宝塚ファンの娘ちゃん達です。

初々しいね、中学生女子!!!!かわいいわぁ、ほんまに。おばちゃんな、オペグラ借りて、もちろんパンフも配りましたよ。これからのファンを増やすべくね。なぜいつも普及活動にいそしんでいるのか、自分でもよく分からないんだけどね!

 

1.もしかして、今、ウィンク(の方向に入ってました?)

私自身のチケットはお取次ぎしていただいた方のおかげで、前方の上手。これはもしかすると、白ベスト珠城りょうさんのひょっとして上手バチコンウィンクの方面の席ではないかと・・。お芝居を観ながらも、ショウが気になってしかたがないmiyakoguです。チケットをお取次ぎいただきましたKさん、ありがとうございました。

 

「信長」という題材のためか、どうも年配の男性が多いように思います。斜め前の年配の男性の反応に注目するmiyakogu。

そのお客様が唯一、拍手をされたのがロケット!心なしか、リズムにも乗っておられ、目じりも下がっています。やっぱりなぁ。そして、にこっとお笑いになったのがショウでの真咲さんの銀橋での最後のご挨拶でした。良かった、良かった。

さて、問題のショウです。実はその年配男性の反応に気を取られていて、青スーツ、黒シャツの珠様が上手から出てこられるのを見逃し、あわわわ~となったのですが、珠様を堪能。

で、注目の白ベスト珠様です。ばんばんばんばん!!(注 キーボードを叩きまくるmiyakogu) miyakogu心の声を実況にてお届けします。

「わわわ、珠ちゃんが銀橋に来るわ~。
 あそこの角、曲がってくる時、皆さん、足元見てはるからなぁ・・。

 目線は、来ないかな・・、目線?
 え?あわわ、えええーーーっ!!(以下、無言)」

バチーーーン!! → ち~~ん・・。撃沈するmiyakogu。心拍数急増!

 

そうなのです。まさかのウィンクの目線上に座っていたのでした。目線の方向にというのが正確な表現ですが、と、とりあえず、珠様のウィンクを捕獲いたしました!ばんばんばんばん(注 キーボードを叩きまくるmiyakogu)。

幕間に飲んだ赤ワインのせいなのか、はたまた乙女的現象なのか、明らかに動悸が激しくなるmiyakoguです( 〃∇〃)。

そして、実はたまたま他でお譲りいただいたチケットで下手で観ていた娘も、珠様にまさかの流し目をくらったそうで(その目線上にいた)、「心臓止まるかと思ったわ」とのこと。

いいですよぉ、どんどん、ばんばん、客席を釣りまくってください。珠様!!

終演後、珠様の背中の魅力を娘に暑苦しく語っておりましたところ、

「お母さんてさ、背面オタクよね」

と認定いただきましたよ。まぁ、そうとも言える。背が高く肩幅があり、きれいな背中に確かに弱い・・。

黒燕尾の場面でも、前から二列目一番上手にいらっしゃる背の高い下級生さんらしき方に目を奪われました。新斗希矢さんではないかと思います(^^)。

 

2.初見中学生女子達の感想

ご一緒した中学生女子の方々は、お一人は宝塚ファン、お一人は全く初めての宝塚。

集合がぎりぎりとなり内容の説明が全くできないまま、それぞれの席についたため、お話を理解いただけるかやや不安だったのですが・・・。

意外や意外!彼女達は歴史を学ぶ現役ばりばりの中学生ですが、私達の世代と異なり、それほど大河ドラマ等で織田信長像を刷り込まれていないからか、感性が柔らかなためか、お話の展開をすっと受け止めて理解してくれました。あら、杞憂だったのかしら??

若者達に受けたのはやっぱり、ロック音楽で踊る武将ダンスのかっこよさ。そして、ショウの華やかさでした。

考えてみると、EXILEも三代目 J Soul Brothersも、私達世代ではなく、彼女達の上の世代。何の違和感もないのです。「あ、そうか」と納得させられるものがありました。逆に考えると、大介先生って本当にお若いですよね。感性が。

初宝塚のお一人も「信長だから観たかったし、楽しかった。はまりそう。」とのことで、おばちゃん、ほんまにうれしいわぁ。ありがとうね。

そして、おばちゃん世代のmiyakoguは相変わらず、ショウの最後の白の場面で号泣です。最近では最早、前奏段階で泣きに入りますわ。本当に素敵な歌詞と曲なのです。これからご覧になる方は、ハンカチとともにどうぞお楽しみに。

終盤の白の場面で白いお衣装で登場されるかちゃさん。あんなにあの白い王子様衣装が似合う方もなかなかおられません。

珠ちゃんの「歌劇」記事で読みましたが、全ツの時、かちゃさんと宇月さんが、やることが多くて必死の珠ちゃんを支えてくださったそうで、本当にありがとうございます。明智光秀は本当に素敵で、今回のお芝居の中で非常に心打たれる演技でした。

残すところ、本当に後5日の大劇場月組公演。そろそれ、お疲れがたまっておられる時期だと思います。どうぞ明日はゆっくりとお休みいただき、ラストスパートのきらめきを出し切られますよう、お祈り申し上げます。真咲さんとかちゃさんの「アムール」でも明日が休演日であることから、「明日は会えないけど、明後日また会ってくれる?」とアドリブでおっしゃっていて、素敵でした。

my楽は土曜日。楽しみにお待ちしております。