代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

宝塚宙組・エリザベート 感想4 Cパターン桜木みなとさんのルドルフの品、澄輝さやとさんの美、宙組の皆様

おばちゃんな、後もう一つだけ書くわ!書かんと寝られないわ!!

おばちゃんな、これ、メモなしで毎回書いてるねんけど、自分に呆れるわ。ようこれだけ書くことあるわ。長文連発でごめんやで! ←でも、こういうのは良い舞台だった証です。

 (蒼羽りくさんがルドルフを演じられた役替わり Bパターン、澄輝さやとさんのAパータン感想はこちらです。よろしければどうぞ!)

mothercoenote.hatenablog.com



mothercoenote.hatenablog.com

7.役替わりCパターン 桜木みなとさんのルドルフ

桜木みなとさんは、博多座でもバウ・ワークショップでも華があり、お歌のお上手な、場面の見せ方が上手い方だなと拝見しておりました。

今回のルドルフ。お化粧もわざと少し生気の薄い感じにされているのでしょうか?品がある皇太子です。桜木さんのルドルフとまぁ様との絡みの場面、桜木さんは手を震わせておられ、ルドルフの絶望が伝わる演技でした。

お芝居の流れにすっと入り込まなくてはならない、気持ちのもっていき方が難しいルドルフのお役。短い出番への集中力が感じられ、強い印象を残しておられました。彼女は長身の方が多い宙組さんの中ではやや小柄でいらっしゃいますが、目をひきつけられる発光力がおありになり、的確な演技を見せてくださったと思います。歌にうるさいオペラファンの旦那はんも桜木さんには納得した模様です。

 

8.澄輝さやとさんの美しすぎる革命家達

旦那はんともども、とても目を惹きつけられたのが、美しすぎる革命家達。中でも本日Cパターンでエルマーを演じておられる澄輝さやとさんです。旦那はんはいつも澄輝さんのことを「あれ、誰?」と聞いてくるのですね。←興味の印なのです。

紺の衣装に、短く切った髪、すっとした立ち姿の品。美しい。年齢を経ても、もちろん美中年。資金集めのために革命家ブロマイドを販売されてはどうかと思う澄輝さん、凛城きらさん、蒼羽りくさん、春瀬央季さんの革命家4人衆です。

 

9.宙組の皆様

宙組さん、好き!! もう後は、叫んで終わっていい?

 

・純矢ちとせさんのゾフィー
美しかったです。純矢さんのバウ公演「サンクチュアリ」でのカトリーヌ母后様の演技、とても好きでした。今回、少し怖さをまだ押さえておられますでしょうか?オーストリー・ハンガリー帝国の維持を一番真面目に考えている方なのですね。

 

・伶美うららさん
マダム・ヴォルフのコレクションの中で、いや、あなたがスペシャルでは?という美しさに、スリットからのぞくガーターの官能。素敵です。最後にルキーニにぶっちゅうとキスしていくお姿が男前!

 

・彩花まりさん
上手い。そして、博多座を経た自信が感じられる美しさも兼ね備えてこられたように思います。舞台の真ん中に立ったとき、場が持つのですね。これは博多座アムネリス様の成果ではないかと思います。さらに期待。

 

・愛白もあさん
シシィがそばに置いていたお付の方。病院の慰問の場面で、スターレイがシシィの歌を聞いて泣きはりますでしょう?あの場面、ぐっと来るんです。シシィのために泣いてくれた人って、他にいなかったように思うのです・・。

 

・美月悠さん
美中年のお役が板についてこられていますよね。軍人かなと思うのですが、もうね、カフェでバイトして!頼むから。それで女子をひっかけたりしてほしい。

 

・黒天使の皆様
気合の入った顔は風馬さん、背の高いバレエが抜群に上手い人は実羚 淳さん、身のこなしに切れのある方は和希そらさん、マデレーネのバレエ上手さんは結乃かなりさんですね。皆さんを把握したい。トート閣下を中心に円で綺麗に全員で腹筋で身を起こす場面、おばちゃんな、見習うわ!

 

・瑠風輝さん
カフェのお客さんで水色の服で背が高く歌がうまくて、すぐに分かります。エーアンの歌手も。新人公演がとても楽しみですね。朝夏さんの個性的な妖艶なトートに迫ろうとされるか、あるいは彼女なりのトートをつくって来られるかな?と期待しております。

 

・星月梨旺さん
重臣に美形がいてはる、美形が!と思ったら、星月さんでした。博多座でエチオピア勢で歌っておられて良かったのも覚えています。

 

・星風まどかさん
可愛かったし、歌も上手かったし、表情も素敵でした。彼女はあまり変な役(強引に真風さんに恋人のふりを頼む歯科大学生とか、歯科大学生とか、歯科大学生とかね)をされない方がいいように思いました。一杯拝見しているわけではないのでわからないですが、わりと古風な、大きな物語の中のお役の方がどうもしっくりくるように思います。新人公演に期待しますね。

 

10.最後にフィナーレで撃沈でした

まじでフィナーレで撃沈。

あのね、お芝居で封印されていた真風さんのフェロモンがぷんぷんと・・。まぁ様と真風さんが、その何というか、腰をゆらゆらさせて踊りはるだけで、もう撃沈です。

それからデュエットダンスが斬新でした。二人で踊りながら(だったと思うのですが)、銀橋の入り口に行き、まぁ様が銀橋を走ってこられて上手側で見事にジャンプ。びっくりしました。まぁ様ってほんとにすごいわ。

 

とりあえず書ききったわ!!まだあるけれど、ひとまず満足したわ!!

次は2週間後に役替わりB日程の蒼羽ルドルフを、今度は娘と観劇いたします。と書いていて、パターンの日程を間違えていたことにたった今、気がつきました; ̄ロ ̄)。

娘は澄輝さんルドルフを観たかったんだわ!(澄輝さんの日のチケットは1枚のみ)。大失敗です。ただ、私自身はりくさんルドルフに期待しています。相続人の肖像以来、好きなんですよね。

娘には黙っとこ・・。観劇チケットは成績と連動性の我が家。期末テストで窮地に陥っていた娘ですが、通知表が良く、今は親の方が窮地です(笑)。 ←先ほど、ばれました・・。

もう一つ、書きました。よろしければどうぞ!

mothercoenote.hatenablog.com