代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

宙組・エリザベート 天玲美音さんのウィンクの記憶

皆さま、こんばんは。お元気ですか?蒸し暑い日が続きましたね。ただ時折風があると、秋の気配を感じる時もあります。

センチメンタルな秋が静かにしのびよる晩夏。私も少しセンチメンタルな気分です・・。なぜなら・・。

 

明日から2学期でね、再び娘をたたき起こさないといけない上に、お弁当づくりが来週から早速始まるわけですよ!!!おまけに、登校日前夜の10時現在だというのに、娘がまだ何か宿題に取り組んでいるわけです。気分はメランコリックです・・。

じゃなくて・・。

 

宙組・トップ娘役さんの実咲凜音さんの退団会見が本日、ありましたね。まだネット上のニュースで拝見しただけですが、音楽学校時代を含めると充実した、しかし早くからの抜擢で、厳しさを伴う10年間だったのだろうなぁとお疲れ様でしたを申し上げたい気分です。

先週末土曜日に拝見したまぁ様とのデュエダン、本当に素敵でした。まぁ様がみりおんさんをとても大切に愛しおむように抱きしめておられて、みりおんさんが安心した中で妖艶な表情を見せておられて、こちらにまで、ふっと切ない幸せが伝わってくるようなデュダンでした。

 

そして、昨夜、スカステのタカラヅカ・ニュースで拝見した、天玲美音さんの涙をこらえたご挨拶・・

彼女のご挨拶の中で「お客様を喜ばせるのが好きで」という言葉に、大きくうなずかされるものがありました。

プログラムの個性的なお写真、ショウのつんとした表情、ねっとりとした目線。お芝居の歌。彼女はとても個性的で拝見するのが楽しみなジェンヌさんのお一人でした。

ただ、ご挨拶を拝見していると、ああ、この方も一人のお若いまっすぐな御嬢さんなんだなぁと心に迫るものがあり、思わずもらい泣きです。

 

天玲さんに「あなたにですよ」というウィンクをもらった方は、実はかなり多いのではないかと思います。

私もその一人。宙組さんの観劇時、朝夏さんや真風さんが登場されている時以外は、私は座った席の前に来る方を観ていることが多いため、センター右寄りだったり、左寄りだったり、あるいは銀橋をわたってくる天玲さんに、これまで何回か目線をいただくことがありました。

 

「エリザベート」でもそうでした。たまたま上手で拝見することが多かった今回の公演でしたが、千秋楽を控えた先週末の土曜日2回目の15時公演は、急遽、回ってきた前方センターブロック、少し下手のお席。

 

天玲美音さんの大司教様に「(宅配を)取ったことあるのね、大司教様」と詰め寄るゾフィー様。こちらはもうわくわくして待っています。

絶妙な間を置いて、少し声を小さくして、「ちょっと」とかわいい声で言って、手を広げて踊る天玲さん。もちろんおおいに受けるmiyakogu。この重臣達、宅配が許可されそうで大喜びやわ、結構好き勝手やってて、おもしろいなぁと眺めつつ、中でも天玲さんにロックオンでじっと拝見しておりました。

 

そして、フィナーレの最後。階段降りで目の前に来られる天玲さん。大司教様のお姿です。その時のこと。

思いがけず、ばっちーーんとウィンク☆が飛んできました。たじろぐmiyakogu。とどめににっこりと「あなたですよ」と言わんばかりにこちらに微笑んで下さった天玲さん。

頂戴いたしました、ありがとうございました!!

天玲さんの「お客様を喜ばせるのが好きで」という言葉どおり、とても幸せな観劇の記憶となりました(^^)。その前に確かにいただいたように思う真風さんや桜木みなとさんの目線の記憶が完璧に上塗りされてしまったのが、ほんのちょっぴり残念でしたが(^^)、それくらい威力満載のウィンクでした。

個性豊かなユニークなジェンヌさんの天玲美音さん。東京宝塚劇場でも千秋楽まで、存分に魅力を発揮されることと思います。皆さまもどうぞお楽しみに!