代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

宝塚・雪組「ケイレブ・ハント/Greatest Hits」感想1 ちぎみゆラブ炸裂の大人のラブストーリー、トナカイかなとは必見(^^)

皆さま、こんばんは。さて、本日は昨日、初日を迎えたばかりの宝塚大劇場・雪組さん「ケイレブ・ハント/Greatest Hits」を観劇してきましたので、一部ネタバレになりますが、感想をお届けしたいと思います。

こちらは公演ドリンクの「モスコミュール」。さっぱりと美味しくいただきました。

f:id:miyakogu:20161008220845j:plain

 

本日の観劇ポイントは以下のとおりです。

・お芝居冒頭のダンスシーンが神! かっこいい!!

ちぎちゃんが超絶イケメン金髪キャラで、お衣装いろいろ

・とにかく、ちぎみゆのラブ炸裂、デート現場に観客もおつきあい(≧∇≦)

だいもんが肩の力が抜けたキャラでええ味だしてはります

香綾しずるさんのナイジェルが陰のあるキャラでかっこいいです、さすがです

・探偵仲間の彩風咲奈さんと事務所メンバーがええ味出してます(少しとぼけた早花まこさん、実直そうだけれどかわいいおじ様キャラの真那春人さん、筋肉がてん系の縣千さん)

・彩凪翔さんと永久輝せあさんの刑事コンビも、いかにもいそう!な感じです(翔ちゃんのホレイショーさんのシャツにはいろいろ疑問(^^)。正塚先生ってそういうところでキャラクターの個性を示しはりますよね)

・劇中のクラブシーン、パーティシーンの有沙瞳ちゃんの歌唱がグッジョブで素敵!

・(ショウは)かなとさんのトナカイが可愛すぎ、大ちゃんのトナカイが脚長すぎ

・パンフの正塚先生のお写真がダンディ

 

総論で申し上げると、

・肩の力を抜いて楽しめ都会的な雰囲気のお芝居

クリスマス近くになればなるほど楽しさが増すであろうショウ

の組み合わせでした。くすくすっとなるセリフへの笑いが随所にあり、個々のジェンヌさんの背景がわかっている宝塚歌劇ファンには楽しい公演です。私、何度目かのキスシーンで「あわっーー!」って声が出そうになりましたもの。赤面ですわ、ほんまに。

ただ、お芝居の「ケイレブ・ハント」は、初めて宝塚を観劇される方にとっては途中、少し眠くなりそうかなと懸念したり、あるいは、むしろ新鮮に感動していただけるかしら?と、ちょっと判断がつきかねる面があります。

何か悪い点があるわけでは決してなく、少し淡々としている場面があり、佳作の少し前くらい、でも見所は一杯あり、はまる人にはばしっとはまりそうな味がある味わいや雰囲気、それこそを楽しむ。そういう作品ではないかと私は思いました。少なくとも2日目の本日の感想はそういうものでした。今日は、お歌が少し弱い場面があったかなぁ。音楽は都会的で洗練された雰囲気、かっこいいですよ。

ただ!これからどんどん、くっきりとお芝居が磨かれていくと期待大です。何といっても、雪組さんですし、ちぎみゆラブが炸裂しているから満足!

 

1.ちぎみゆのラブが炸裂する「ケイレブ・ハント」

ちきみゆが、ちぎみゆで、ちぎみゆでした。

以上、終わり。

 

もう、いい加減にしてほしいね、ちぎみゆには!!=「ありがとう」しかございません(感涙)。
というくらいに、キスシーン、ハグを見せてくれます。何なのかしら、あの方達&正塚先生・・。ハードボイルドじゃなかったの?革命、内乱、秘密警察かとてっきり。ごめなさいね、正塚先生。

まさか、早霧せいなさんが演じる私立探偵ケイレブ・ハントと、咲妃みゆさんが演じる自立した大人の女性・イヴォンヌの、大人のラブストーリーだとは思いもよらず。

観劇直後は「宝塚を観たわ!」という感じが実はしっくりこないなと思ったのです。

しかし、よくよく考えると、20世紀半ばのロサンゼルスという設定こそ違え、イヴォンヌは現代日本の働き女子が自身を投影しやすいキャラクター。

仕事を持ち、自立していて、自分の判断と人脈で営業をかけ、自分の道を切り開いている。私は新米ファンなので存じ上げないだけかもしれないのですが、こういうヒロインが宝塚歌劇団の演劇にこれまであまり登場してこなかったことの方が、もしかするとおかしいくらいかもしれません。

そのイヴォンヌへの愛をぐいぐいと表明するケイレブ

最初、ちぎさんが出てこられた時、金髪のイケメンぶりに驚きました。ブルーグレイのといえばいいのかな?、その色のスーツ姿で男役さんを率いて踊るちぎさん、紫のコートに黒の革のパンツ、他にも様々にスタイリッシュにお召し替えのちぎさん。かっこいいわ!!みゆちゃんもだけれど、有村先生のお衣装には、皆様、ぜひご注目を。素敵でした。

そのねぇ、ちぎみゆがねぇ。ちぎさん→みゆちゃんのラブが炸裂してるんですよ。嫉妬したりして。新鮮ですわ!!ええわ!!もちろん、みゆちゃんも「好き」「愛してる」と。

・ロサンゼルスの夜景を臨むサンタモニカのレストランで深夜デートのちぎみゆ

・知り合って2回目の誕生日を祝うちぎみゆ

・波打ち際をきゃっきゃっするちぎみゆ

・みゆちゃんに自分の愛を必死で伝えるちぎさん

・ちぎさんに抱きつくみゆちゃん

 

俺達の観たかったドリームが舞台上で実現!! 

加えて言うと、もう、勝手にして!!(にやにや)という公演でもございます。伯爵令嬢もそうでしたっけ・・。

 

ストーリーはまだ2日目だから書きませんが、とにかくちぎみゆのラブ炸裂!(≧∇≦)を舞台上でぜひご確認ください。サスペンスというより、大人の男女の恋物語に、元戦友の友情、仲間のいい雰囲気がからむ、そういうお芝居です。

謎解きについては、うーん、少し鮮やかなストーリー展開とは言えなかったかも・・。いろいろ時間短縮の都合で、しょうがなかったんでしょうね、とお察しください。

 

2.望海風斗さんのジムがええ感じで肩の力の抜けた可愛らしいキャラ

正塚先生のパンフレットのご挨拶の中で、望海さんが演じておられる探偵事務所のパートナーであるジムは「私が以前より望海から受けているイメージを強く反映」したキャラであることを触れておられます。

だいもんさんは本来はそういう、可愛らしい方なのかしら?(あまりわかっていなくて、ファンの皆様、ごめんなさいね、また教えてくださいね)。真面目な方で、花組さんでルキーニを演じるにあたって「君は白百合のようだ」って小池先生に言われたんでしたっけ?

誠実で、一直線に正義感から走り出すちぎさんのケイレブを常に見守り、理解し、冷静にかつ、ふんわりと共同出資者として経営を実は支えているのはジム。そういう誠実で、どこか抜け感のあるキャラを、おおらかにだいもんさんが演じておられます。ええ味出てますわ。

お芝居の最後の方ね、おもしろいよ!くすくすって笑えるシーンがありますので、ぜひどうぞ。

(続きます。トナカイかなとは感想2にて。書きました。よろしければどうぞ!)

mothercoenote.hatenablog.com