読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

働き女子の皆さまへ 「よく頑張りましたねぇ」と褒めていただきました、嬉しかったなぁ

働き女子

皆さま、こんばんは。働くマザーのmiyakoguです。

本日、お久しぶりに私が尊敬している大阪の男性社長さんを、お仕事で訪問いたしました。

この方は、ある仕事で私が独身時代にお目にかかり、それ以来、何かとご意見を伺いに訪れている方。初めてお目にかかったときに、どういうわけか意気投合して、それ以来、交流のあるIT企業の社長さんです。

いつも、「僕はmiyakoguさんのファンですから」とおっしゃってくださって、有難いです、本当に。

 

で、「娘さん、おいくつになられたの?」と聞かれましたので、「もうね、中学生です」とお答えすると、とってもびっくりされました。

「もう、そんなになるの?!」と。そして、次にしみじみとおっしゃってくださったのです。

「よく、がんばりましたねぇ」

 

ううう。ありがとうございまずだぁーーー(涙)。

社会人研30に近づいてこようかという、社会人専科所属(?)のmiyakogu

さすがに、この年齢ではできて当たり前です。今さら、誰も褒めてくれません。

でも、年上の先輩社長さんは褒めてくださるのですね。年上で心に余裕がある方って本当に有難いです。見ててくださる方って、どこかにはおられるんですね。本当に嬉しく思いました。

 

皆さまは、最近、どなたかに褒められましたか?

たとえ、ささいなことであっても、です。

 

宝塚歌劇の感想記事を書く際、私が新人公演を含めて1回の観劇で、できるだけ多くの方について書こうとしているのは、その思いもあります。

自分の好きなスターさんのことを、良く書いてあるとやっぱり純粋に嬉しい。特に普段、あまり記事がないようなお若い方についてであれば、尚更です。

 

人間って単純ですね。不意打ちに言っていただいた素敵なねぎらいの言葉。

今、とても忙しいのですが、とても嬉しくお聞きしました。将来、そういう先輩になれると素敵だなと、私も思います。

おばちゃんな、言うてもろた分、誰かにお返しするわね!

言葉の贈り物は、そんな風に回っているのかもしれません。最初に受け取った人が次に贈り物の相手先を探して渡していく。最初に贈り物をできる余裕を、もう少し大人になったら、私も持ちたいな。そう思った今日の出来事でした。ありがとうございます!