代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

スカステ・タカラヅカニュース総集編でまとめ泣き、それにしても遠征に行きたすね・・

皆さま、お元気ですか?さて、最近、多忙につきスカステをほとんど見ていないmiyakogu。今日、久しぶりにタカラヅカ・スカイ・ステージの「タカラヅカニュース総集編」を拝見しました。

 

1.タカラヅカニュース総集編でまとめてもらい泣き

みっちゃんの千秋楽のニュース、ちぎさんとみゆちゃんの記者会見と、まとめ泣きでした。TVの前に椅子を持っていって、ティッシュ片手に見るmiyakogu。隣には中学生娘@病み上がりです。←今、流行ってますね、おなかにくる風邪。皆さんもお気をつけてくださいね。

風ちゃんが男役・北翔海莉さんに本当に恋をされたいたんだなぁと微笑ましく、それをおおらかに受け止めておられた北翔さんが穏やかに素敵で、ちぎさんとみゆちゃんは、それぞれ相手役がお隣に同席していなくても、何か心で通信しているかのような記者会見。泣けました。

みゆちゃんはちぎさんとかたときも離れたくなかったのね・・。記者会見でも少なくとも放映された部分では「早霧さんが」「早霧さんと」と必ず早霧せいなさんのお話になっていく咲妃みゆさん。お二人の強い絆を感じました。いろいろまとめてもらい泣きです。

私はあまりコンビに萌えるタイプではなく、寄り添うタイプの娘役さんばかりではなくてもいいのではないかしら?と思う方ですが、それでもこの2組のニュースはほっこりと、かつ切なく拝見しました。

星組さん新トップコンビのお披露目公演「スカーレット・ピンパーネル」の映像も出ましたね。北翔海莉さんへの対応を拝見していて、紅ゆずるさんはとても素敵な働き女子だなと、最近、思うことがあります。

体調不良に見舞われた後、全国ツアーで主演をされ、大トップ退団後の星組さんを支えながら、北翔海莉さんと鮮やかなコンビネーションを見せて星組さんをつなぎ、今度はご自分がトップにご就任。

長らく2番手をされて、タイプの違うトップさんに仕えつつ、ご自身の実力を蓄え、ご自身なりの色を出していかれたように思います。北翔さんが率いられた星組さんの舞台は、大劇場で見るたびに驚かされる素晴らしいものでしたが、今後の星組さんがどのようなスタイルを打ち出されていくのか、楽しみに拝見したいと思います。

それにしても、美城れんさんの西郷どん、名演でした。桐野利秋のみっちゃん、髪型がとてもお似合いで、最後の戦いに臨む場面での刀の刃をすっと拭くような場面、本当にかっこよかった!ファンの皆様もみっちゃんの今後のエンターテナーとしてのご活躍を楽しみにされていると思います。

 

2.遠征に行きたすね・・

そして、宙組さんの初日映像!!くぅぅぅぅ・・。

遠征に行きたす!!!!!!(実録 miyakogu心の叫び)

真風さんと朝夏さんと、宙組のみんなが見たいのですよぉぉぉぉ!もう一度!!

中でも、どちらに分けてもかっこいい真風さんの前髪を見たいのですよぉぉぉぉ!!

しかし、お仕事も佳境、娘は期末テストに突入、旦那はんは12月週末にお仕事連発と、なかなか厳しい情勢です。

行けるとすると、鹿児島くらいかしら?(注 パソコン隣には「10月からのパーソナトリップ秋冬 九州」という旅行社さんパンフレット)

ふぅむ。いろいろ考え込むmiyakoguです。旦那はんが横で「また体調不良とかになって、現地で点滴打って帰ってきただけになったら、どうすんの?!」と注意を促してきます。

なるほど、忙しいこの時期、旦那はんの言うことも一理あります。要は、鹿児島市内にて土曜日午後に診療されている医療施設がどこか、わかっていたら万全ということですね。←いや、何か間違った方向に進んでいますよ、miyakoguさん?

あ、そうだ!

 

3.亡き父の思い出の切子のグラス

亡き父がお気に入りだった切子のグラスを買いに行く旅というのはどうかしら?!私は長年、そのグラスを探しているのです。薩摩切子にあるかもしれません。

亡き父の思い出のためとなると、父を尊敬していた旦那はんも反対はできまい。ふぉーーほっほっほっほ。←感動話のようですが、悪巧みをする越後屋のようになってきてますよ、miyakoguさん?

 

品のある紫色の特徴ある文様の切子のグラス。父が気に入って必ずそのグラスでビールを飲んでいました。複数あったのですが、徐々に割れて使えなくなってしまったのですね。子ども心にもよく覚えている、とても美しいグラスでした。あれ、あれを買いに行く旅ならば!!←大義名分を見つけて喜ぶmiyakogu。

検索に熱中するmiyakoguです。(注 何かたくらみごとがある時はとても静か)

 ↓

 ↓

 ↓

ああーーーーー。miyakogu、敗れたり! ←だから、何と戦ってるのってば?

薄い紫色の切子のグラスは「薩摩切子」ではなく、「江戸切子」だと判明いたしました・・。「江戸紫」という色だったのですね、あの色は・・。そして見覚えのある模様。どうやら「矢来」または「星切子」「菊花」という模様の組み合わせのようです。

振り出しに戻るmiyakogu。あ、でも、亡き父の思い出のグラスに似たものを見つけたから、人生的にはちょっと前進の今週末です(^^)。タカラヅカニュースから随分遠くまで来ていますが、いいのです。