読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

男爵、遠慮せずいただきました(*^^*)

珠城りょうさん

皆さま、こんにちは。お元気ですか?明日から寒そうな地域に出張のmiyakoguです。

さて、昨日、偶然にも「男爵」を連れて帰ったmiyakogu。←”食パンを購入”ですってば。日本語は正確にね。

早速、「朝から遠慮せ~ず、召し上がったのねぇ~」です。ぽっ(*^^*)。←いや、何か違うでしょ?

 

まず、袋を止めている金色の帯の針金を、ゆっくり、くるくるとはずしますよ。

「ふっほっほっほぉっ、良いではないか、良いではないか

「あーれーー」回りながら身を包む帯がほどけてしまう男爵です。

↑ 食パンの袋開けるのに、悪代官みたいになってますよ?それに、方向性が何だか間違っていってますよ、miyakoguさん?

 

白い表面をゆっくりと押してみて、フレッシュな触感を確かめてみますよ。

「ほぅ、この輝くばかりの白さよのぅ」

↑ ますます、話がややこしくなってますよ。

 

オーブントースターに乗せてみます。

「ふっほっほっほぉっ、こうしてくれるわ!」

そして頃合に仕上がった男爵をじっくりと味わってみます。

「ほぅ、こ、この味わいは?これまた、何とも」

↑ 何だか違うお話になってきてますが、大丈夫ですか、miyakoguさん?

 

男爵、しっとりと甘く濃厚に来るかと思いきや、意外にさっぱりと癖のない味わい。

ふぅむ。予想外でした。男爵、意外とそうなのか・・、てっきりそうかと・・(*^^*) ←だーかーらー、何がどうっだっていうの?

 

そしてこちらがお召し上がり後の「男爵」。うん、心なしか乱れておいでですわ。

f:id:miyakogu:20170118205115j:plain

 

以上、食パン「男爵」の食レポを終わります。

どうお読みになるかは、読んだ側の想像力次第、miyakoguのせいじゃないもーーん(^^)。さぁ、出張の準備をせねば!

それにしても、この記事の分類、「珠城りょうさん」でいいかしら??(^^)