代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。朝夏まなとさんご卒業によるロス真っ只中。しばらくはtwitterにて(@miyakogu5)

ボンジュール、朝です(^^)

皆さま、おはようございます!(^^)
ボンジュール、朝です。

朝食はこんな感じです。
f:id:miyakogu:20170218091758j:plain

朝食の席でテンションが上がり、三島由紀夫先生「春の雪」における鎌倉の海の波の描写について熱く語る娘。
途中、精神の少年性についての話になる中、なぜか男子が棒切れをすぐに持ちたがる話に(^^)。
「男子・・」、頭を抱える中学生娘です。
「遠足とかでさぁ、なんでかすぐに長い木の棒を持ってひきずるねん、男子は!エネルギーを温存しようという発想はないんかな。何でそんな非効率なことすんのか、さっぱり理解できないねん!」
憤慨する娘です(^^)。
私が今、読んでいる「ホモ・サピエンス全史」に、人類は狩猟採集の時代が一番長かったと書いてあるから、いかにも役に立ちそうな木の棒を持ちたがるのもしょうがないで、となぐさめておきました(^^)。
高尚な文学の話から、男子の棒の話まで、話題は幅広くね(^^)。
では、行ってまいりまーす。
f:id:miyakogu:20170218091837j:plain