代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。朝夏まなとさんご卒業によるロス真っ只中。しばらくはtwitterにて(@miyakogu5)

朝夏まなとさんも退団されてしまうんですね・・(涙)

皆さま、こんにちは。お元気?じゃないですよね・・(涙)。

スマホに友人からメールが来たのが16:30過ぎ。慌てて公式サイトを確認すると、そこには「朝夏まなと 退団会見のお知らせ」の文字が・・・。

kageki.hankyu.co.jp

 

「うわっ、もうっ、あーー、いやっ!!」

目にはうっすら涙・・。周りの子達も「あ、また何か宝塚で?」という反応です。そのとおーーり!なんだけどね・・。そうなんだけど・・。

 

真風さんの組替えで観劇するようになった宙組さんには、栗色のくりくり長髪が似合う手足の長いトップスターさんがいて、美しく伸びる高音の歌声があって、目の動きが繊細に感情を物語る演技があって、ショーには観客を乗せて楽しませる明るさと技があって。。

書いてるだけで、涙が出てきました・・。

 

宝塚新米ファンのmiyakogu。退団発表でここまで泣けたのは初めてです。まぁまかが好きなのですが、いつの間にか、まぁ様自身が好きになっていったのですね。

とびっきり明るくて、「グラフの雫」ではいつも他のスターさんを抱きしめていて、珠城りょうさんのナイアガラから顔を出したり、多分、劇団で一杯、後輩に慕われておられて。

女性で人の上に立つポジションにおられる方として、とても参考になるモデルでいらっしゃると拝見しています。

A Motion・・。イニシャル入りのタイトルは危険と皆さま、うすうす思っておられたと思います。前楽の歌唱、本当にお見事でした。驚くほどです。コンサートも素晴らしいものになるはずです。

 

「王家に捧ぐ歌」「王妃の館」と、残念ながら平日は多数ご用意の日がありました。普段、週末しか観劇しない私ですが、一度だけ「王家に捧ぐ歌」を平日、2階席で観劇したことがあります。割と赤い席。

でも、朝夏まなとさんは観劇するごとに、次のステップへと確実に進んでおられて、力が入りすぎるわけでもなく、どんな状況でもその日のベストを尽くして、また翌日、前に明るく進んでいかれて、驚くべき舞台を創り上げられる・・。その姿が好きでした。

鹿児島遠征時に空港でお見かけしたまぁ様は、実はとてももの静かでいらっしゃいました。まぁ様の周りにあった静謐な空間。とても内省的な面もお持ちなのだろうと思います。そうでなければ、あのような繊細は演技は出てこないはず。

 

東京宝塚劇場でのご観劇を、皆さま、どうぞお楽しみください(涙)。

まぁ様コンサートを観る、ディナーショーも行く、バウも観る!とりあえず宙組を応援する!

続々と宝塚仲間からメールが舞い込んできます。まさか既に記事をアップしているとは思われなかったようです・・。

こんな時すら、仕事が早い自分がいやっ!(T-T)