代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。時々呟きます。@miyakogu5

月組・博多座「長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲」ショー感想 心の声だだ漏れでお届けしますわ!

皆さま、ではとどめに、月組・博多座「長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲」のショー感想を心の声・だだ漏れでお届けしたいと思います!楽しかった、素敵でした。溌剌とした月組の皆さまでした。あっという間のショーでした。

 

本日は、月組さん「瑠璃色の刻」メンバーの方々が観劇にお見えになっており、私の斜め後ろ方向の上手席におられました。佳城葵さんは把握しました。たくさんおられたので、皆さんははっきりとはわからずです。

 

・序章(フランス パリ)

お正月に大劇場で観たときは、若干、ぷぷぷとなった白いたて髪。ついに皆さま、かっこよく、つけこなしておられるではありませんか!

それと、本日、珠ちゃんのお歌が伸びやかに、声が以前よりもぐっと通るようになっておられて、おばちゃん、感動したわ。ほんまに(涙)。

客席降りの皆様、ありちゃん、あーさとぺちぺちしたのは覚えておりますが、ここで月組さんが観劇されているのに気づき、そちらにも注意がいってしまうmiyakoguです。

この場面でまたもや、輝城みつるさんとばっちり目が合ってしまうmiyakogu。

あわわわーーー。これが世に聞く一本釣りですか?にやっと笑う輝城さん、にこっと微笑む輝城さん。あわわーー!!

すみません、次のお茶会、行った方がいいですかね・・。よろよろ。

 

・S4妖艶(アメリカ ニューヨーク)

ふぅぅ。あのね、皆さま。博多座って銀橋がないやん?

ちゃぴちゃんの、ぷりっと美しくラインを描くおみ足を間近で拝見して、感動いたしました。そのラインに。美しい人間っていいねぇ・・。しみじみ。(注 おなかのゴージャス・ミートをつまみながら)

間近で見るゴージャスなお姉さま方。わかばちゃんがいえーいってするのがかわいいし、憧花さんと玲美さんのお姉さま方が男役陣を翻弄しているのが、いいですねぇ。銀橋がなくて距離が近い分、迫力3割増しの気分。のっりのっり。

ブラックホークスの皆さま、どなたももちろん素敵なのですが・・。

あかんで、あの人!!風間柚乃さん。色気だだ漏れ、身のこなしも目線も。そろそろ博多座から通報が行くレベルです。「婦女子騒乱罪」で。まずいわ。あの人。目がひきつけられます。ぜひ観てね!

 

・S5 旅路(汽車のラインダンス)

「暁エキスプレス」です。わかばちゃんが、「どこ行こう?」で両手で目の周りにわっかをつくって、双眼鏡でのぞているかのようなしぐさ。可愛すぎ!!

ここの暁千星さんは溌剌と可愛らしく。お芝居で、哀愁が漂う演技をされていて、「うわ、ありちゃん、大人の階段を一歩、上がってしまったの?おばちゃんに何があったか教えて!ばんばんばん!」となっていたところでした。←自粛をお願いします、miyakoguさん?

ここのダンスチームも、背の高い人が増えているような印象をもった場面です。

 

・S6 楽園(メキシコ)

あーー、きてしまいましたよ、テキーラが!!珠ちゃんが縦の赤黒しましまスーツです。

あわわわーー。(注 この場面はずっとあわわーしか言っていないので、途中略)

そして、舞台センターやや上手から、上手に座っておられた月組さん観劇チームに向かって・・。

指にキス→キスを投げる→ウィンクの三段活用をされる珠ちゃん!

角度上、そのウィンクがmiyakoguをわずかにかすめました。月組さん観劇チームのおかげです。ありがどーーー(涙)「愛しとーよ」、かわいいわぁ。うんうん(注 目を細めながら)

 

・S7 祝祭(ブラジル)へ

楽しかった!サンバのステップが皆さん、ぐんとお上手に。さすが、大劇場から躍進されています。

アミーゴA、マランドロAの紫門ゆりやさんがのっりのり。そして、ここでもまたあの風間柚乃さんが色気満々、やる気ぎらぎらです。すごいわ、あの人。ちょっと、ちょっと奥様。お近くの方も遠方の方も風間さんを観に行ってくださいね。ぜひ!

 

加えて、予想外の爆弾がこの後!

ブラジルの場面で、ちょうど目線上に来たあーさの素足の足裏をまともに見てしまったmiyakogu。ぷちっ!どこかのヒューズが飛びました。(注 あほなことを言っている自覚は少しあります・・)

のりのりで盛り上げる月組観劇の皆さまです。ひゅーひゅー!珠ちゃんも緑の蝶の羽、すっかり身についておられます。良かったわぁ。

 

・S8 哀歌(スペイン アルハンブラ)

暗闇の中、上手袖でスタンバる轟さん。まだ暗いのに、美しい人がいる!とフォルムでわかるってすごいです、轟さんは。

 

・S9 飛翔(インド洋)からラストへ

いや、ほんまに。

飛翔で珠ちゃんが出てこられたとき。ちゃぴこの方を向いてたっておられるのですが、その左側の横顔の前髪のかかり具合が、miyakoguの好みのどストライクなんです。

ご本人は右側の横顔がお好きなようですが、左側も素敵!

ばんばんばんばん!!(〃∇〃)

(注 机をたたきまくるmiyakogu)

 

ここで水色の衣装で金髪ですらっとした方が出てこられて、「天使?天使が降臨したの?」と騒ぐmiyakogu(注 心の中で)

ありちゃんでした。ありちゃん、輝きが増しておられます!堂々と翼の男(歌手)として歌い上げておられます。

珠ちゃんの白い羽からの黒燕尾、デュエダンは本当に素敵。黒燕尾に華形ひかるさんが入っておられるのも素敵でした。

黒燕尾の輝城みつるさんが、しけを垂らさずぐっと髪をあげておられたのも新鮮でした。優ひかるさん、礼華はるさんはほんっと黒燕尾、お似合いになりますね。かっこいいわぁ。

とどめは、大きなトップ羽根を背負って並ぶ轟さんと珠ちゃん。見栄えします!何というゴージャスな並び。

轟さんが先にフィナーレで降りてこられたのを拝見し、「すみません、轟様、ありがとうございますだーーー」と珠ちゃんファンの皆さまは泣きそうになられることと思います。

 

最後に。幕間に、お隣にお座りの方から「福岡の方ですか?」とにこやかに話しかけられました。お話しさせていただくと、珠ちゃんファンの方。しかも「激情」からの。

「珠城さんのファンの方とお話したの、初めてかもしれなくて」とおっしゃり・・。

「激情」からのファン、長年のヅカファンでいらっしゃるとのことだけれど、珠ちゃんファンは周りに少ない・・。これはまずい!このブログをお読みいただいている方とかなり共通点が多いイメージです。なぜか焦るmiyakogu。

思い切って終演後、お話しながら「私、ブログを書いてまして」と申し上げると、「何というブログですか?」と聞かれたため、お伝えすると「読んでます。えっ?え?お仕事されている、あの?え?」と驚かれました。

はい、すみません。こんなちんまるっこいラフな格好のおばちゃんなんです。大阪の。えへへ。九州圏内からプチ遠征されていたお隣さん、またどうぞブログにお越しくださませね!