代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。朝夏まなとさんご卒業によるロス真っ只中。しばらくはtwitterにて(@miyakogu5)

雪組・幕末太陽傳/Dramatic "S"! 感想 明るい絆、物語を観ているようなデュエダンに泣く

皆さま、こんにちは。昨日の宝塚大劇場の雪組公演は、千秋楽を間近に控えた熱気が感じられる舞台でした。

昨日11時公演は、月組に組替えされた月城かなとさんがご観劇。娘と席を交替して観劇したのですが、ショーの時はかなとさんの斜め後方でしたので、通路を通られる時に間近で拝見。えくぼのかわいい、めっちゃ美人さん。あ、みんな知ってるか・・(^^)。

こちらは、阪急宝塚駅前で咲いていた白バラです。退団の皆さまを思わせました

 f:id:miyakogu:20170528113756j:plain

1.my楽お芝居感想

ノリノリの明るいちぎさん&雪組の皆さまです。退団公演なのだとわかるのですが、それを束の間、忘れさせてくれるような、いや、旅立ちなんだと明るく送り出したくなるような、そんな公演でした。

開幕2日めに観たときより、いろいろな方の演技が進んでいて、さりげないアドリブを出す余裕があり、役として「こういう人なんだろうなあ」という演技がよりはっきりとしていました。

その中でも、一番のノリノリはもちろん、早霧せいなさん!そして、香綾しずるさんに鳳翔大さん。退団をされる方特有の心の込め方があるのでしょうか?皆さんのアドリブと熱演に笑うとともに、ハッピーを最後の贈り物に頂戴した気がいたしました。

ちぎさんは何しててもおもしろいし、がおちゃんは「This is チョンマゲ」とか繰り出しておられるし、大ちゃんはコンブをかぶっての熱演だし。楽しかった。

娘にショーで「席、交替して!」と奪われるまで、お芝居はかなりの前方席でしたので、こんぶをかぶった大ちゃんを結構間近で観てしまい、もう、何というか、ぷぷぷ(^^)

棺おけを運んでくるガエン者(火消し人足、または、「ならず者」という意味のようですね)の星加梨杏さんと縣千さんの美形二人組もノリノリです。美形の無駄遣いのような気もしますが・・。

ちぎさん佐平次に水をかけられ、棺おけから転び出た大ちゃん演じる貸本屋の金ちゃんが、さっと幽霊らしく手をもう一度前に出すしぐさ。楽しかった!

星乃あんりちゃんのこはるも、いいですわあ。気っ風良く強く、開き直った女の強さ。

でも、高杉晋作さんのことは惚れてるんですよね。「晋さん、私」と本当は言いたいことがあるのだという場面では、嘘で固めて渡って来たはずの女渡世なのに、強い女ならではの哀愁を感じました。

ちぎさんと咲妃みゆさんのコンビはもうもうもう・・。観ているだけで泣けます。私がもう一度観たいと思ったみゆちゃんの「誰もが噂してる・・」のナンバー。本日もお見事でした。ぜひ、皆さまもお楽しみに!

 

2.汝鳥伶さんの杢兵衛の場面の意味

汝鳥伶さんが演じられる杢兵衛さんが最後に登場される場面。ちぎみゆとだいもんさんの三重唱も終わり、あれまだお芝居が続くの?という感が、当初は正直ありました。

ちぎさんを送り出すには、やはり汝鳥伶さん級の方にご登場していただくということかなと思っていたのですが・・・。

ちぎさん演じる居残り佐平次は、才覚と度胸で、品川宿で起きる様々な事件を解決していきます。さらりと何でも解決してくれる見事な才覚と機転。

ところが、実直でマイペースな杢兵衛さんだけにはこれが通じないのです。そのおかしみ。最後に現れた超大物の難関という感じです。

珍しく相手のペースに巻き込まれてしまう佐平次。ところが、ここで佐平次を助け出すのが、いつも助けてもらう一方だったおそめさんなのです。

ああ、最強のコンビなのだと・・。お芝居の役とちぎみゆが重なりあうかのようで、おそめの手を取って「地獄も極楽もあるもんか、俺はまだまだ生きるんだ」と佐平次が力強く言う場面、泣けました・・。

その最強コンビが手に手を取って、銀橋を渡って袖にはけていく。二人の旅立ちを見守る客席です。

ちぎさんが全身で表現する佐平次の才覚と度胸、軽やかな機転。さらに「こんな苦しい時代には 頼るあてもない」という病の身の憂いがある中で、見出した「生き抜いてみせる」という明るい強さ。様々な感情を込めたお芝居を、どうぞご堪能ください。

 

3.明るい曲調のショーに泣く(T_T)

ショーは黒燕尾が来ると「あーー、もう終わってしまう」と毎回切なくなるのですが、本日は、雪組カラーのお衣装を着て皆さまが登場される「Snow Troupe・絆」の場面から涙、涙、涙。

なぜでしょうね?明るい曲調なのですが、ちぎさんが歌われる「出会えた奇跡」は、むしろファン側があなたに贈りたい言葉です。

続く「フィナーレA」も同様で、明るい曲調でみゆちゃんが歌う「私を忘れないでいて、ずっと覚えていてね」。これも泣けます。もう、みんな、泣いて!!

「コーヒールンバ」で銀橋で鳳翔大さんと香綾しずるさんが歌う場面も、さらっと楽しくさようならするよ、という感じで却って泣けます。楽しいのに。

楽しいのに泣いていると、最後に真っ白なお衣装のちぎみゆの切ないデュエダンが始まります。

最初の感想でも書きましたとおり、お二人のデュエダンは、まるで物語を語っているかのようなのです。二人の出会い、共に創り上げてきた喜び、別れの運命、最後の抱擁。

ちぎさんがまっすぐにみゆちゃんを見つめる目に溢れる感情、最後にちぎさんの胸に頬を寄せるみゆちゃんの安心しきった信頼の表情。素敵でした、泣けました。

 

退団公演というのは切ないものだと、改めて思いました。

その中で、103期生さんのラインダンスを観ていると、「ああ、こうやって宝塚は続いていくんだ」と思うところがあり、なぜかここでも涙ぐむmiyakogu。10何年後に、この方達の誰かがトップスターになり、退団公演をされることがあるかもしれないと思うと、不思議な感じがします。

ちぎみゆのお二人のお芝居を、大劇場で観ることはもうないのだということが、まだ信じられません。

これからご観劇の皆さまも、どうぞ笑って笑って、盛大に泣いてくださいね・・(涙)。