代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

雪組・幕末太陽傳 千秋楽記者会見の涙 早霧せいなさんがあんなに泣かれるなんて・・

※以下の記事は宝塚での千秋楽記者会見についてです。

皆さま、こんばんは。働き女子の皆さま、お元気でしたか・・?脚も手も痛いmiyakoguです・・。あしっ、いった!!(ー。ー)

 

私は今週、ある市の西の端から左の端まで、レンタサイクル(注 電動)で行ってみるという旅を、「仕事」でいたしまして、ただいま、猛烈に脚が痛いわけです。およそ2時間半、途中で資料用写真を撮る以外はずっと乗っておりまして・・。

これだけ乗ってると手も凝るね、日焼けもするね・・。ううう、アラフィーなのに。ここのところ、ブログ更新が滞っている昨今、お察しのとおり激忙なところ、もうふらふらよ、おばちゃん。

もう、だみ・・・。ぱったり・・。(つっぷすmiyakogu)

 

しかし、明日は花組さん観劇、来週は宙組さんのまぁ様コンサート、お次はずんちゃん主演のバウに真風さん巴里祭があるのですよ!。(急に顔を上げて笑顔のmiyakogu)

ここで倒れているわけにはいきません。立て、立つんだ、自分。

ばん!!(立ち上がるmiyakogu。ちょっと違う気もする)

 

しっかし、激動の宝塚です。私が筋肉痛で弱っているこの間にも。

・ちぎみゆは大劇場の千秋楽を迎えておられるし、

・朝夏まなとさんの写真集は美しいし、

・月組さん「All for One」は制作発表してはるし、←今、スカステに流れました。脚本、お願いします。

・月組さんの退団者は発表されてしまうし、←輝城みつるさんがおやめになるなんて・・。大ショック・・。

・花組さん「邪馬台国の風/Santé!!」は初日を迎えているし、

・来週は宙組さん「A Motion」が始まるし。(急に小躍りするmiyakogu)

 

宝塚、激動ですわ!!

 

そういった中・・。

まさか、からりと、さっぱりと明るく退団公演を演じておられる早霧せいなさんが宝塚大劇場千秋楽の記者会見で、あれほど涙をぽろぽろとこぼされるとは、思いもよりませんでした(涙)。

 

スカステニュースを拝見しても、入りの時点から目が赤くなっておられるちぎさん。

退団者のみが舞台に残ったご挨拶では、「幸せです、ありがとうございました」ときっぱりと力強くおっしゃったちぎさん。

でも、「絆」をしようとしたときに、「誰か、苦笑されながら「絆」とおっしゃいました?それだったら、いいですうーー」と、少しだけすねるちぎさん。

「私の愛する人のイニシャルはSで・・」(ヒューヒュー)「早霧せいなさんです」と言われて、低い声で「ありがとーございまーす」と照れるちぎさん。

 

そして、記者会見では、最初、明るく話しておられたのに・・(涙)。

「本拠地、宝塚大劇場への思い」という質問にお答えになったときのことです。

「それを・・、考え出すと、やっぱり。。」(涙で言葉に詰まるちぎさん)

「ほんっとに、ここに、宝塚に入りたいっていう思いで、ずっと」(涙をこぼしながら上を向くちぎさん)

「その夢がかなって、今、こうして、ほんっとに充実した幸せな気持ちでいられていることが、何よりも感謝の気持ちで一杯で・・」(涙がほろほろ・・)

 

「絆について・・」という質問には。

「私自身に思いをずっと寄せてくださった方々との絆はずっと感じていますし、こんなに・・」(言葉に詰まるちぎさん)

「・・人のために気持ちを寄せてくださる人の温かさに触れることができて、本当に幸せだなと思いますし・・」(再び涙)

 

明るさや情熱の強さが大きい人は、その同じ分だけ、寂しさや哀しみを大きく深く感じられるのだなと。そう思いました。

れこそ、役幅の広さに通じている繊細な感受性なのだと思います。早霧せいなさんは、千秋楽の一日の間に大きく揺れ動く感情を、本当は明るくさっぱりとお見せになりたかったかもしれません。でも、想いが溢れるかのように出てしまう。

隠しきれない溢れ出る感情の大きさ。それをまっすぐに見せてくださる潔いほどの姿こそ、ちぎさんの魅力となっているのだと思います。

 

私の短い宝塚観劇歴で恐縮ですが、ちぎさんの演技では「星逢一夜」で演じられた晴興が一番強く、心に残っています。

中でも、幼馴染の源太を斬ってしまった後、しいんとした空気の中で視線を落としてスポットライトの中におられたときのちぎさん。全身から発する哀しみ、寂しさ、孤独、苦しさ・・。一人ですっと立ち、一言も話さず大げさな表情でもないのに・・。

ただ立っておられる全身から、まっすぐに晴興の哀しみと苦しさが客席に伝わってきました。

ちぎさんの心の震えがさざ波となって、客席に晴興の心情を伝えるかのようでした。何というお芝居の力!と感嘆しました。

 

カーテンコールでの咲妃みゆちゃんの「私の愛する人のイニシャルはS、早霧せいなさんです」もかわいかった!

がおちゃんのとびっきりの笑顔、大ちゃんのりりしいご挨拶、あんりちゃんの涼やかなで落ち着いた挨拶の声も印象に残りました。桃花ひなちゃんも、蒼井美樹さんもお芝居での踊りがあでやかでお綺麗でした。

東京千秋楽のライブビューイングを待ちますね(涙)。

 

泣いていると、スカイステージのニュース画面には愛月ひかるさんが登場。可愛らしい「おはよ♡」に崩れ落ちるmiyakogu。かわいいなあ、愛ちゃんは。

 

さて、明日は花組さんの観劇。ショーがとっても楽しいらしいですね!

こちらはみりおさんがお好きなアジサイの花です。6月ともなると、あちこちでアジサイを見かけます。

f:id:miyakogu:20170602223824j:plain

販売されているカップを手に、「サンテ!」できるかな??もし、2階席でしたら指くわえてみておきますね。

よぉっし! 「やる気」を補充するために、明日は大劇場、行ってきます(^^)。