代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。twitterは@miyakogu5。

宙組・ウエストサイドストーリー初日感想2 和希そらさんのアニータ、見事なミュージカルスターに拍手!

皆さま、こんばんは。自宅に戻りましたので、引き続き、国際フォーラム・宙組「ウエストサイドストーリー」初日の観劇感想2をお送りします!和希そらさんのアニータについて、書かずにおられますかいな!ということで。

こちらは、帰りに東京駅八重洲口周辺でお見かけしたイルミネーション。「クラシカル・ビジュー」の娘役さんの袖のぼんぼんを思わせるまぁるい電球と配色でした。一気に朝夏まなとさんを思い出しました。和希そらさんのお芝居の力の背景にまぁ様の影響を感じたのです。

f:id:miyakogu:20180112224300j:plain

 (以下、見出しタイトルの№は感想1からの続きです)

3.和希そらさんの女役さんの迫力

お見事でした、驚きました!

宙組ファンの皆さまはスカイステージ「ドリーム・タイム」でご覧になった方もおられると思いますが、和希そらさんと言えばお風呂の温度を気にして、ずんちゃんと一緒にけらけら笑っていて、語彙力があまりないかもしれない? (^^)と思わせる明るい弟キャラ。

そんなところに、だまされてちゃ、だめだったんですよ!!!我々は。

 

仕事をしていて時々気づくのですが、言葉があまり出てこないタイプの方の中に、空間把握能力が高く、言葉よりもビジュアルでイメージがすっと頭の中に浮かぶ直感力と美意識が高い人がおられます。

勝手で恐縮ですが、和希そらさんはもしかすると、そういう方ではないかと思いました。

 

まずねぇ、なんといってもねぇ。

お胸でしょう?! ←え、まずそこ?!miyakoguさん?

お自前のお胸のお谷間がお見事に。←動揺して若干、日本語が妙なmiyakoguでお送りしております。

加えて、ガーターベルトのそらちゃんでしょう?! ←落ち着いて。

 

4.見事なミュージカル・スターの誕生

この作品の音楽は、私にはもう一つ、しっくりきませんでした。名作なのに残念残念。ただ、真風さんは激かわやし、まどかちゃんもいけてるし、ダンスはかっこいいなぁ、うーん?と思っていたところへのアニータ、どーーん!ですよ。

皆さま、和希そらさんのアニータは、もう絶対に観劇していただきたいっす!

ダンスはきっれきれ、歌えて、声が良くて、セリフが明瞭。いや、何でもできる方だとわかってはいました。でも、そこに予想以上にお芝居の力を出してこられたんですよ、高い技術とともに。

これはもう、見事なミュージカル・スターが今夜誕生したと言っても過言ではないと思うのです。

娘役さんと群舞で踊るシーン、センターで踊るそらちゃん。誰よりも腰の上げ下げの切れがあります。

ロミジュリで言うところのティボルトに該当するベルナルドが恋人で、彼をトニーに刺されてしまうアニータ。ベルナルドの妹・まどかちゃんマリアが、それでもトニーを愛していると歌うのを聞いている時、ベッドに腰掛けるそらさんアニータの表情、姿勢、全身の表現にご注目ください。

男役さんなのに、そらさんの足は女性ぽい斜めの線を取り、全身から立ち昇る亡きベルナルドへの思いとマリアへの共感。なんというか、セクシーで力強くて土の匂いがして野生味があって、人情味があって、強く優しい。最高にかっこいい、いい女ですやんか?

 

そのアニータが恐れを押さえて、マリアからトニーへの伝言を伝えるためにジェッツ団のたまり場に来たときには、全身からおびえが感じられました。本来は強くてかっこいい女性なのに・・。プエルト・リコからの移民の方が、白人社会に乗り込んでいくことが大変なことだっただろうと見事に伝わったのです。

そのアニータが、かわいそうで守ってあげたくて、彼女を取り囲んでいくジェッツ団への怒りがこみあげて、まじでおばちゃん、立ち上がりそうになったわ!!(激怒)

観ていて激怒したということは、それだけそらさんの表現が素晴らしかったということでもあります。

もちろんお芝居とはわかっています。けれど、宝塚歌劇団ということで、もう少し間接的な表現にしていただけたらありがたかったです。男役さんの側についても、ジェンヌさんにあんなことをさせるなんて・・、という気持ちも・・。

ただ、そのシーンがあるからこそ、湧き上がる憎しみ・怒り・恐れを表現した和希そらさんの演技のすごさが出てきたのもわかります。必要な場面なのだろうとわかってはいるのですが・・。

 

大人の強く優しい女性の粋、ベルナルドへの愛の肉感的な表現、土の匂いのする野生的なセクシーさ、哀しみ、怒り、憎しみ。アニータのすべてを表現しきった和希そらさんの演技。そこを伝えられる高い技術。

そらさんの強みは、表現したいことを「高い技術で表現できる」ところにあると思います。朝夏まなとさんが歌について語られ大切にされていたことと共通しているように思えます。彼女の表現、たとえばうつむいて斜め下を見ている横顔に、どこか朝夏まなとさんの表情を感じました。

表現したいことはおそらくあるのだろうけれど、時に技術がついていかないジェンヌさんもおられるでしょう。そこが逆に魅力になりファンから愛されるのが、宝塚の不思議であり面白さでもありますが、今日観た和希そらさんはすべてが見事に揃った見事な見事なミュージカル・スターでした。

いや、ほんとに、どうしますの?!宝塚歌劇団さん?

和希そらさんをミュージカル・スターとして大事に大事に育て、世に送り出すべきでしょう。宝塚版トニー賞なら、助演女優賞間違いなしではないかと。

もしも、チケットがあればですが、和希そらさんのアニータを観るために、ぜひ、「ウエストサイドストーリー」をご観劇ください。

梅芸でも、そらさんがアニータをされるでしょうか?それとも、違う舞台で主演されるかもしれませんね。そらさんの今後の一層のご活躍を、応援したいと思います。

本当に本当に素晴らしかった。ブラーボー!!です。