代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。朝夏まなとさん退団後のロスから、少し息を吹き返し中。

あと、もう少し!宙組観ながら、ちょっぴり まぁ様妄想にも励まされながら、がんばりまーーす

皆さま、お元気ですか?

miyakoguはねぇ、忙しくて弱ってまーーす!

(注 やけくそ気味のmiyakoguでお送りしています) 

先週は1週間でこれだけの仕事をしてたの?!と我ながら驚くほどでした。宝塚のニュースも盛りだくさんでしたね。

正直大変でしたが、でもお客様から「この件はmiyakoguさんに任せているから安心」と言っていただくと、とっても嬉しくなります。関係者の方に喜んでもらえると嬉しいなぁ。

さて、あともう少しだけがんばらないと!という案件があるため、本日もリビングでブルーレイ上演(音は小さくね)しながらのお仕事です。えいえいおーー!

今、宝塚大劇場では珠城りょうさんは銀橋で前代未聞の「がびーん」顔を披露され、ちゃぴさんは「怒りのロケット」をセンターで踊り、真風さんは来るお披露目公演に向けて毎日お稽古されているのかと思うと、おばちゃんもがんばる!となります。「怒りのロケット」最高ですよ、観てね!

さて、朝から「神々の土地」「王妃の館」と上映中なのですが、本当に朝夏まなとさんって優雅に踊られるんだなぁと改めて感嘆しております。柔らかくて美しいダンス。

ちょうど今、「王妃の館」上映中ですが、まぁまかって本当に美しくもかっこいい素敵なコンビでしたね・・(涙)。

私はこの「王妃の館」の楽曲と歌詞が好きで、のびやかに歌うまぁ様の高音の声が好きでした。まぁ様の真風さんとの対談の中でも、印象に残る楽しかった公演とあげられていました。多くの方がそれぞれに個性的に活躍されていて楽しかったなぁ。

 

さて、中学生娘は卒業式で送辞を読む役を承ったとのこと。おおー、それはがんばらないとね!ただ、「でもなぁ、体育会系のクラブやってないから、先輩の引退とかあんまりぴんと来ないねん」と言います。

 

ばんっ!(立ち上がるmiyakogu)

「あんた、何言うてんの!まぁ様が退団される時に送辞を読むと思えば、いくらでも書けるでしょうが?!」と提案しておきました。娘も納得です。

さて、そこからばばばーーと膨らむ妄想・・、妄想で既に涙です(注 あほ)。

 

母「考えてもみ?絶対、中学校でまぁ様に憧れていた男子とか、後輩女子とかいてはったって。先輩にまぁ様がいて、宝塚に行ってしまわれるんやで?書けるやろ?」

娘「わかる!あー。そういうことなら、書けるわ。」

母「そうやろ?!国立中学でそのまま上の高校に一緒に上がれると思ってたのに、あすか先輩、宝塚に行くって。。。もう、その後輩の気持ちを考えただけで涙ですよ」

 

切ない、これは切ないです!

中学卒業後、遠くに、しかも宝塚に行ってしまう美しくもかっこいい素敵な女子の先輩・・。桜ふぶきの中を颯爽と旅立つ手足が長く瞳の大きな美しい少女。

「イ・ケ・ル!」

というわけで、娘よ、送辞を書き上げなさいね。お母さんもがんばるからさぁ。

 

春の日差しがうららかな今日このころ、皆さまもいろいろな別れあり、出会いありですね。

では、後もう少しがんばって、来週末は月組、その次の週末はいよいよ真風さんお披露目観劇です!うん、がんばれるわぁ。

こちらは12月に満開だった冬の桜。今週、一足先に葉桜でした。春ですね!

(12月に満開でした)

f:id:miyakogu:20180304152755j:plain

(2月末はこんな風に)

f:id:miyakogu:20180304152827j:plain