代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想メインのブログ。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

真風さんパーソナルブック スカステ番組を見た娘からの警告 「自分!もうあかんで、これは」

皆様、お盆休み明けの週の真ん中午後、気だるさが漂う湿度の大阪です。お元気ですか?朝からばたばた、ようやく遅いお昼休みのmiyakoguです。

気だるい、アンニュイ、それは色気・・。

色気には陽の色気と、陰の色気がありますね・・。それを宝塚歌劇を観劇するうちに学びました。そして、そう。凰稀かなめさん、未涼亜希さんのご退団後の今、宝塚を代表する陰の色気の持ち主の一人、それが真風涼帆さんではないかと、思っているわけです。

で、その真風さんのパーソナルブックが出るというので小躍りしたのが2月末。その時はかなり遠い先のことだと思っておりましたが、もはや数日後に発売です。

で、やってくれましたよ。スカステさんは!(まだ見ていないのに、切れ気味)。というか阪急ブックスさんは!

昨夜放映された真風さんパーソナルブックのメイキング番組は、スタートが23:00から。小学高学年娘の就寝時刻は当然もっと早く、さらに娘の寝付かせとともに必ず寝てしまう睡眠最重視のワーキングマザーには厳しい時間帯だったのです。諦めて録画して寝ました。

そして、今日、帰宅後のとっておきのお・た・の・し・み!と皆様のtwitterやブログ情報を朝から固く封印していたわけです。それなのに・・、ああ、それなのに・・。

ある企業さん訪問を終えて駅に向かい、スマホをちらっとみると、夏休みの宿題に追われているはずの小学高学年娘から電話とメールが来ています。電話をしてみると。。。

 

あんなぁ、自分!!あかんでもう。これは。」

あーー、私より先に見たな、例の録画を!なんちゅー抜け駆け!

「もうな、自分、倒れると思うで。真風、トートやってるねんで、トート!!!

あーー、やっぱり・・。

「それでな、なんかなもう、娘役ちゃん侍らせてな、もう、それがなぁ!!

あーー、もうあかんやつやねんね、わかった!!

 

フレックスタイム制の我が社。実はもうコアタイムは終わっていて、帰ろうと思えば今でも実は帰れます。でも、根が真面目なので夕方までお仕事がんばって、いっそいで帰りますわ!!!

あ、ちなみに娘から来ていたメールの方はこんなのでした。

・タイトル:真風

・本文:男だよね?!

徐々に広がりつつある真風さん男性疑惑です。素顔のご様子をスカステ等で見ておられないファンの方は疑惑を持たれて当然と、余計な心配までしてしまいます。

そういえば、花組の瀬戸かずやさんには、芹香斗亜さんが確かレビュー本誌上で、「そろそろカミングアウトされるかと思って」と言ってはりましたね。そういうのさらっと言っちゃうあたりが、真風さんから「野郎」呼ばわりされる要因なんでしょうね。明日海りおさん、キキちゃん、花組台湾公演の皆様、お疲れ様でした。

真風さんについて、miyakogu自身はかねてより、人類というより、まだ存在の確認されていない大型の美しい生き物なのではないか?と疑っています。

そして、観たことがないにも関わらず、トート閣下の真風さんが「死は逃げ場ではない!」だの、「予定が狂うのは俺じゃない、ハプスブルク家だ! 」だの叫んでいる姿が、既に頭の中で上演されています。なぜそのようなことが可能なのでしょうか?脳というのはいったいどういう構造を持っているのでしょうか??まったくもって謎です。

とにかく、今日はとっとと帰るべし!!ですね。

※見ました。番組・・。そして、見ました。実際の本・・。

mothercoenote.hatenablog.com