読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代取マザー、時々おとめ

宝塚の観劇感想。たまたま代取(代表取締役)になったワーキングマザーの日々と哲学。

宙組・神々の土地 先行画像 朝夏まなとさんの泣きたくなるような切ない透明感(T-T)

皆さま、こんばんは。お元気でしたか?miyakogu、引き続き「新学期お弁当作り隊の新米隊員」として毎朝、がんばっておりますよ!(T-T) ←半分、切れ気味。

ただ、昨年と少し違うのは学習の成果か、常備菜を用意するようになったことでしょうか?切干大根にかぼちゃの煮ものや、ゆで野菜のストックやらで何とかやっております・・。

さて、私が昨年と同じ戦いに直面しているうちに(注 昨年同様、当方かなり劣勢なり!)、宝塚歌劇団さんは続々と様々な発表をされていたわけですね。

今、劇団さんのウエブサイトで「公演案内」をクリックし、「宝塚大劇場・東京宝塚劇場」を選んで下にまいりますと、皆さま、どのような光景がそこに広がっているか、ご存知ですか?

 

月組「All for One」の賑やかなポスター画像。

その下にある宙組「神々の土地」の先行画像。

一緒に画面で見られる方は、ぜひ一緒にご覧ください。驚くほどの違い、対比がそこにはあります。

研10を迎えられた若きトップスター・珠城りょうさんが率いる月組さんならではの全員勝負!の賑やかさと若き勢い。まぶしいほどの若さと勢いを感じます。Go! Go! 珠ちゃんです(^^)。 

一方、当公演で退団される宙組トップスター・朝夏まなとさんがたった一人で立っておられる、薄い水色と白の静謐な世界・・。

 

初めて見たとき、とても驚きました。まぁ様の、その驚くべき存在感に。

静かで、儚げで、寂寥感があり、迷い、信念、諦念をも感じさせるその表情。

現在、「王妃の館」で北白川右京先生として、漫画のように「しゅわっち」と噴出しをつけたくなるような走り方を見せておられる方と同一人物とは・・。驚くべきまぁ様です。

たった一枚のこのシンプルな画像から、物語が立ち上るかのような儚げな美しい表情。

ただ一人で立っておられるのに、月組の総力戦と一歩も引けを取らない、透明感に満ちた存在感。

 

その透明感ゆえでしょうか・・。この画像から一つ一つのピースが剥がれ落ちて、いつか真っ白になって、まぁ様が見えなくなってしまう・・!と思わせる切なさがそこにはあります。

これは退団公演であると、残酷なほどに示す儚げな美しい表情。

たった一枚の画像なのに、この人に会える時間は限られているのだと示されてしまう切なさ。

 

存在感がある。でも徐々に消えてしまいそうでもある。

泣きたくなるような不思議な透明感のまぁ様。今、この時期に退団を決められた意味が、伝わってくるかのようでした。

そんなふうに思えた「神々の土地」の先行画像でした・・。

以上。

 ・・・・・

で終わるわけがないでしょう?このおばちゃんのブログが?(^^)

娘をお迎えに行き、「あんなぁ、これ」と娘にまぁ様の先行画像を見せたところ・・。

「え?ちょ、待って。え?」 固まる娘。美し過ぎて、です。

だんだん、何だか二人で腹立ってきました。美し過ぎて、です。

その次にはもう笑うしかないなという結論に達しました。美し過ぎて、です(^^)。

「まぁ様のこの画像は、何だかどんどん白くなって、消えてしまうような気がする」と最初に言い出したのは、うちの中学生娘。その後、二人で「神々の土地」脳内上演が始まりましたよ!先行限定二名の特別ステージです。←基本、ばか。

 

私「もうね、見えるね。開幕のシーンが」

娘「わかる!真っ白で、青白い照明で、誰もいないんやろ?」

私「そう!それで、風のひゅーていう音が始まってな、雪が舞ってて、チェロの音色が響き始めるねん、短調で」

娘「あー、分かるわ!」

私「そこにまぁ様の開演の案内が入って、お母さんはチェロの時点で既に泣くと。初見の日に。」

娘「あー!お母さんが号泣してるのがもう見えたね、うんうん」

私「そこで、雪の精が踊るんねん」

娘「あー、わかる!」

( 白熱する我々。中略 )

私「真風さんがさぁ、まぁ様に壁どん!とかしたら、どうするよ?!」

娘「軍服 on 軍服で?!そんなもん、オペグラでがん見 するしかないやろ?!

二人「きゃーーー!!」(≧∇≦)(≧∇≦)

 

宙組さん「神々の土地」。たった一枚のまぁ様先行画像から、ここまで旅に出たmiyakogu&娘からは以上です(^^)。